比較してわかる継続課金(定期課金)の違い!

継続課金の機能紹介

「継続課金」であっても、システムによって機能に差があり、毎月の手間が変わってきます。ROBOT PAYMENTの継続課金は、毎月の設定なしに自動化を実現します。

  • 課金周期を自由に設定したい
  • 毎月の課金設定をなくしたい
  • カードの期限切れにも対応

業界最高品質のROBOT PAYMENT 継続課金(定期課金)システムと他社との違い

継続課金や定期課金と名のつく決済システムは様々ありますが、詳細を確認すると手動での対応となったり、細かい課金周期や課金回数の指定が出来なかったりします。 比較表で弊社の自動継続課金システムのメリットを確認してください。

自動継続課金システム機能の比較

他社の継続課金サービスとROBOT PAYMENTの継続課金の違い

よく継続課金(定期課金)と目にすることがあると思いますが、実は完全に決済システムが自動で決済を行っているサービス提供はほとんどありません。 ROBOT PAYMENTの継続課金(定期課金)は店舗がROBOT PAYMENT管理画面で商品登録をした上で、エンドユーザーが一度決済を行うと、 2回目以降の決済処理はROBOT PAYMENT決済システムが自動で行うので、サイト運営者様業務の大幅な削減につながります。

細かいニーズに応える多機能な継続課金(定期課金)サービス

毎月自動で決済を行うだけでなく、毎週から毎年の周期での決済や課金を行う回数の指定など、様々なケースに対応できる機能を兼ね備えています。

課金日、課金回数、課金周期を自由に設定したい

  • 課金日程指定機能

    月の継続決済日を一定の日にちで課金することが可能です。
    毎月末日や、25日、月初など初回お申込日とは異なった日付を設定することが出来ます。

  • 課金回数指定機能

    商品ごとに、1回~50回まで課金回数を指定する事ができます。

  • 課金周期指定機能

    毎週、隔週、1ヶ月、隔月、3ヶ月、半年、1年など様々な決済周期から継続課金周期を選択することが可能です。

  • 継続課金金額変更機能

    プラン変更など、継続課金額に変更が生じた際に 金額変更を行うことが出来ます。

○○ヶ月無料、○○%OFFなど、お試し期間を実施したい!

  • お試し期間設定機能

    サービスを利用する顧客にとって、初回の決済はどうしても躊躇してしまいます。 『初回の10日間は無料』や『初月は半額』などの設定が出来るお試し期間設定機能を利用することで、初回購入のハードルを下げることが可能です。

顧客のクレジットカードが限度額オーバーなどで自動課金に失敗したら?

  • リトライ機能

    限度額オーバー等で自動課金が失敗の場合、最高2回までリトライ決済を行います。

クレジットカードの有効期限が切れた顧客は?

  • 洗い替え機能?

    店舗にとって、クレジットカードの有効期限が切れる会員に対して継続して課金を行うことは非常に面倒なことでした。
    有効期限切れのアラート機能とリトライ機能を弊社独自のノウハウによる洗い替え機能と組み合わせることで、 有効期限が切れる会員のクレジットカードの有効期限を自動で伸ばすことによって、 今まで店舗が行なっていた以下、3つの作業の負担を軽減します。

    • 「クレジットカードの有効期限が切れる会員を検索」
    • 「会員へのアナウンス」
    • 「新たなカード有効期限の入力促進」

お申込みはこちら

お電話でのお申込み

営業時間 9:00 ~ 18:00 (土日・祝日を除く)

プライバシーマーク
当社は、財団法人日本情報処理開発協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています。
PCIDSS 3.1 (Payment Card Industry Security Standard)
クレジットカード業界におけるグローバルセキュリティ基準に準拠した、システム・管理体制によって 業務を運用しております。