口座振替を知ろう

ユーザーに求められる口座振替とは

口座振替とは、お客様の銀行などの金融機関の口座から、料金を自動で引き落としする集金代行(収納代行)の1つです。 公共料金や通信料、会費、授業料など継続的な代金回収を行うサービスの集金に優れています。 はじめにWEBや対面で口座振替依頼書を提出すれば、後は自動で銀行口座から引き落としがされるので、 お客様は入金に出向く必要がなくなり、支払いの手間を省くことができます。 さらに、入金を意識しなくてもいいので、入金漏れや遅延、金額などのミスが起こらなくなります。 「口座引き落とし」や「自動引き落とし」と同じ意味で使われています。

口座振替はこんな理由で選ばれています。

  • 毎月自動的に支払いが完了支払いに行く手間が省ける

    口座振替で支払いを行うと、決まった支払日に指定口座から自動的に引き落としされるので、 銀行やコンビニなどにわざわざ出向いて入金する手間が省けるので、人気の決済手段として選ばれています。

  • 代金の支払い日を意識しなくても支払い漏れや遅延がなくなる

    毎月の支払日を意識しなくても、自動的に指定口座から口座引き落とされるので、うっかり支払い漏れや、支払い遅延、過剰入金、誤振込みが起こりません。

  • クレジットカードを持ってなくても誰でも安心して利用できる

    口座振替は、クレジットカードを持っていない人やクレジットカード決済の利用に抵抗がある人でも、普段使いの銀行口座で安心して利用できます。 クレジットカード決済と違い、カード番号などの情報を入力する必要が無いため、利用者のセキュリティ面での不安を抑えることができます。

  • 銀行振込と比べて振り込み手数料がかからない

    銀行振込を使うと利用するたびに振込み手数料が発生しまいます。毎月の支払いであると、ユーザーに余計な負担が増えてしまいます。 決済手段に口座振替を選ぶことで、無駄なコストをカットができます。

導入企業から見た口座振替とは。

継続的なサービス提供を行う際に、ユーザー側の手間を省いて継続率を向上させたり、自動集金で事務コストを軽減させたり、 メリットが多い集金手段として口座振替が選ばれています。ユーザーから口座振替依頼書を回収して、 決済代行会社に提出すれば、後はユーザーの口座から毎月自動で集金を行います。個人に対して代金徴収だけでなく、法人間での決済としても広く利用される人気の高い決済手段です。

導入企業はこんな理由で口座振替を選んでいます。

  • 解約が減少し、サービス利用継続率があがる

    お客様が特に意識することなく、継続的に支払いが行われ、手間が一切かからないので解約の減少に繋がります。 口座振替を導入することにより、サービス利用継続率が改善され売上向上にも役に立ちます。

  • 代金未払いのリスクが減少し売掛金の回収率アップ

    お客様の口座から自動で引き落とすため、サービス代金や売掛金などの回収が遅延なく確実に行えます。 多数の請求先がある場合でも、集金日を指定して一括で行えるので、集金のコストや手間が大幅に軽減されます。

  • 他の決済手段に比べて手数料コストが安い

    口座振替は銀行振込やクレジットカード決済などと違い、手数料が比較的安価なので、お客様は低コストで集金代行を利用できます。

  • 請求業務の大幅な軽減で、事務作業の工数が下がる

    毎月発生していた請求業務や入金管理に関する事務作業が減り、大幅な工数軽減が実現します。 過剰入金の払い戻し作業や入金不足などの追加入金の依頼もなくなります。

口座振替を導入しよう

口座振替の導入時の確認ポイント

  • 他決済手段との一元管理が可能か。他の決済導入サービスを提供しているのか。

    口座振替だけでなく、銀行振込、クレジットカード決済なども併用する場合、 自動で集計し一元管理が可能か確認をおすすめします。管理画面が別々であると入金情報が散在してしまい、管理が煩雑になります。 また提供できる決済手段は、口座振替のみの場合もありますので、今後どのような決済が必要になるか一度検討してみましょう。

  • お問い合わせから決済導入までのスピード

    口座振替導入までに、審査やID発行などがあり各社導入までの日数が異なります。導入期間が半月掛かる企業から、 数日で導入できてしまう企業もございますので、お問い合わせする際は、必要な日数を確認することをおすすめします。

  • 自動継続システム搭載の有無

    口座振替サービスを提供する企業によっては、毎月の引き落としごとに、ファイルアップなどの作業が発生する場合がございます。 自動継続課金システムが搭載されているかどうかで、経理担当者の毎月の作業量が変わってきます。

  • 口座振替依頼書のデータ化の有無

    口座振替依頼書の書類での送付作業を省き、データ化して送付作業を簡略化できるかを確認しましょう。 振替依頼書のデータ化ができていないと、お客様が増えるたびにそれだけ送付作業の手間が発生します。

口座振替の料金内訳

口座振替導入で決済代行会社から請求される料金は、初期費用(契約料)、月額費用(システム利用料)、決済処理料があります。

初期費用 口座振替を導入するための決済システム契約費用
月額費用 口座振替システムを利用するためのシステム利用料
決済処理料 口座振替決済を1件処理するに対する手数料

Cloud Paymentの口座振替は業界唯一の機能が満載!

Cloud Paymentのココが魅力

口座振替の請求管理サービスを導入すると圧倒的に便利!

  • ダッシュボードで請求情報と売上情報がリアルタイムに見える化!
  • 入金情報と請求情報を自動的につき合わせて消込システム搭載。
  • 引き落とし口座の残高不足など、未収金状況を管理画面ですぐにお知らせ。
  • 売掛保証オプションを利用で未回収損害金を取引先の代わってお支払い。

お申込みはこちら

お電話でのお申込み

営業時間 9:00 ~ 18:00 (土日・祝日を除く)

プライバシーマーク
当社は、財団法人日本情報処理開発協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています。
PCIDSS 3.1 (Payment Card Industry Security Standard)
クレジットカード業界におけるグローバルセキュリティ基準に準拠した、システム・管理体制によって 業務を運用しております。