オリンピック選手を多数輩出する有名一貫校

「出願とその支払いをオンライン化することで
出願数を大きく増やすことができました。

学校法人 佐藤栄学園 埼玉栄中学校
入試広報センター長
濱野 浩 様

学校法人 佐藤栄学園 埼玉栄中学校

入試出願料

本校はたくさんのオリンピック選手を輩出する一方、大学進学でも高い実績を誇るなど文武両道を実践しています。 現在、「骨太の人間」を育てるために「四兎を追え」というスローガンを掲げ、この4つに主体性と創造性をもって取り組んでいます。 今年度から「世界で活躍できる骨太の医師」を育成するため「医学クラス」がスタートしました。

サービス業種

学校法人(出願料)

導入の目的

入学願書のオンライン化に伴う
出願料のクレジットカード決済

課金形態

  • 都度課金

決済手段

決済 導入前

  • 生徒だけでなく保護者の方々もインターネットを使いこなしている中、オンラインでの出願と支払いの選択肢が必要なのではないかと考えていた。
  • 書類を通しての出願方法のみだと、出願者、学校双方ともに事務作業がとても煩雑であった

決済 導入後

  • 出願者がオンラインでクレジットカード決済できることにより利便性が上がり、出願数が大幅に増えた。
  • 出願者の支払い管理が楽になり、入金確認作業など、事務作業を大幅に削減することができた。
  • 出願と支払いを同時にでき、出願の支払い漏れを、ほとんど無くすことができた。

導入企業様のインタビュー

決済導入の背景と狙い

インターネットを使いこなす方々が保護者の中にも増え、ニーズに合った出願方法が必要なのではないかと考えました。

今や、生徒だけでなく保護者の方々もインターネットを使いこなす時代で、オンラインでの出願と支払いの仕組みが必要なのではないかと考えていました。
また、今までは支払い方法が銀行振込であったため、出願と支払いにタイムラグがあることで事務作業も煩雑になり、支払い漏れも少なからず発生していました。 更に、出願者側は願書を取り寄せる、支払い振込に出向く、学校側は入金の確認をする、書類を郵送するなどの事務作業が多く発生していました。

サービス導入前・導入後

出願とその支払いをオンライン化することで出願数を大きく増やすことができました。

インターネットに慣れ親しんだ方々のニーズに応じて、支払い手段にクレジットカード決済を導入すれば、出願者の方からの入金漏れは減り、さらに出願に伴う事務作業も、出願者側、学校側双方で減らすことができると思いました。 また、出願料をクレジットカード決済で支払うことについて、保護者の方々に事前にインタビューを行っていたため、出願数も増やすことができると確信していました。
実際に、オンラインでの出願とクレジットカードでの支払いが始まると、想像していた以上に出願数を増やすことができました。 また出願の事務作業が大きく減ったことで、学校内でも好評をいただいており、とても満足しています。

営業担当者のひとこと

インターネットでの出願がまだ広く普及していなかった時から、濱野様はとても熱心にオンライン化を推し進めていらっしゃいました。 出願数を大幅に増やすことに成功され、また学校内でもご好評のようです。 微力ながら濱野様のお手伝いをすることで、埼玉栄中学校様の更なる発展に貢献できたことを大変嬉しく思っています。

他のWEBサービスの事例
  • 国立大学法人 大阪大学様
  • 大阪大学の発展を支える寄付基金のクレジットカード決済を担当致しました。クレジットカード決済フォームを英語対応したことで、外国人の方からの寄付の利便性向上を実現しました。
  • 学校法人 明治大学様
  • 海外の学生を主なターゲットとして実施する各種夏季集中プログラム受講費のクレジットカード決済を担当させていただきました。海外送金のみの対応だった以前に比べ、受講者様の利便性が飛躍的に向上しました。

お申込みはこちら

お電話でのお申込み

営業時間 9:00 ~ 18:00 (土日・祝日を除く)

プライバシーマーク
当社は、財団法人日本情報処理開発協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています。
PCIDSS 3.1 (Payment Card Industry Security Standard)
クレジットカード業界におけるグローバルセキュリティ基準に準拠した、システム・管理体制によって 業務を運用しております。