経理のミカタ for Salesforce
契約後から会計までの取引プロセスも、Salesforceで管理しよう。

顧客に関する情報は全てSalesforceに集約しましょう。
全世界20万社以上の実績があるSalesforceとだからこそ、より効果的です。
経理のミカタでSalesforceから会計まで情報の流れを繋ぎ、営業担当と経理担当の連携をスマートにしましょう。

顧客との取引すべてを、一つに。

契約までの顧客とのやりとりはSalesforceで、契約後の継続課金や請求・集金管理は経理のミカタで。
二つのシステムがつながることで、別部署、別部門で管理されている情報に、いつでもアクセスできます。

Salesforceに、
継続課金ソリューションを。

経理のミカタ for Salesforceは、人に代わって請求・集金・消込・入金催促を行う、継続課金ソリューションです。 Salesforceデータベースに登録された、顧客ひとりひとりからの入金を確認するだけであなたの業務は終わりです。

顧客情報の無駄な二重・三重管理は、もうやめましょう。

部署ごとに個別の顧客管理シートを更新し続けるのはもうやめましょう。 いつも最新の顧客データベースに全関係者が接している社内環境作りこそ、本当のCRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)への第一歩です。

「今」企業を流れるお金の流れが、見えます。

担当者ごとの売上や取引先ごとの入金を、日時で管理・共有する仕組みを作ることが、収益向上の最短ルートです。
高速でPDCAを回し、顧客と密接な関係を築くスマートな営業を実現しましょう。

売上だけじゃない、
今日の入金まで見える化。

売上だけで企業は存続することができません。 顧客からの入金の流れを誰にとってもクリアにすることで、従業員を疲弊させる社内の非生産的なやり取りは一掃されます。

社内共有のための資料制作も、
もう不要です。

上司のための資料製作ほど、無駄な時間はありません。顧客のためにならない作業はなるべくオートメーション化する時代です。 あらゆるデスクワークを短縮して、外回りに出る時間を作り出す仕組みをつくりましょう。

会計ソフトともつながり、経理も支える。

経理のミカタ×Salesforceは会計システムともつながり、顧客とお金にまつわる業務を効率化する連携ソリューションです。
ご利用中の会計システムと連携。経理が社内の情報を活用して、経営課題や業務効率化にチャレンジすることができます。

企業の成長は経理が支えます。
「作業」を削減し、社内の仕組みづくりにフォーカスしましょう。

システム連携によって、Salesforceの顧客情報をもとに会計システムへ自動入力。経理の無駄な作業を省きます。
請求書の作成や売掛金管理など、お金に関するやり取りや作業を効率的に処理する仕組みづくりを通じて、企業の成長に貢献しましょう。

経理のミカタについてもっと詳しく
知りたい方はこちらから

受付時間:平日9:00〜18:00(年末年始を除く)