日本法規情報株式会社 様

代表取締役社長 今村 慎太郎 様

請求書業務の自動化により無駄な作業が削減!業務効率化に成功しました

「導入前の課題」
  • エクセルで全て管理していて毎月手作業で請求書発行から郵送まで行っていて、手間を感じていた。
  • イレギュラーの請求書発行について請求漏れが出てしまっていた。
「導入後の変化」
  • 請求書の自動発行機能により、作業工数の削減・業務の効率化につながった。
  • イレギュラーな請求書発行の対応がスムーズになり、請求漏れがなくなった。

貴社サービスについて教えてください

日本法規情報は、これまでは検索ではみつからず、知人や友人の紹介に頼るしかなかった「相談サービス」への新たなアクセス方法のグローバルスタンダードを創出します。 多くの個人、法人、事務所の悩みや課題を解決する総合法規企業として、法務・税務・労務領域の流通促進をはじめとしたさまざまなサービスを提供いたします。

ミカタ導入の背景について教えてください

日本法規情報株式会社は、「どこに相談したら良いかわからないをわかるに変える」相談ソリューション企業を目指しています。 2011 年にサービスを開始して以来、沢山のお客様にご利用いただいております。 今回、請求書発行の部分に関し、漏れやミス、遅延なくお客様にとってよりスムーズなご利用をしていただけるように、請求書業務の見直しを検討しておりました。 以前は請求書業務は全てエクセルで管理をしていました。都度発行の請 求書は入金予定日の 2 週間前に確認し発行。毎月発行の請求書は先月の請求データと見比べて発行していました。 入金確認につきましても、エクセルと会計ソフトを利用して管理しておりました。 毎月繰り返し手動での作業時間に無駄を感じており、請求業務を全て自動化できる「経理のミカタ」の導入を決定いたしました。

ミカタ導入の背景について教えてください

請求書は主に営業が作成し、総務経理部で確認後発送しておりましたが、イレギュラーの請求書発行について請求漏れが出てしまうこともありました。 手作業ですのでどうしてもエクセルへの入力漏れが発生したり、記録データがないため混乱することもありました。 また、宛名をラベルシールに印刷し封筒に貼って郵送していたため、請求書発行するだけで 1 日が終わってしまうことも多々ありました。 経理のミカタの管理画面でタスクを確認でき、イレギュラーな請求書発行の対応がスムーズにでき請求漏れも無くなりました。 具体的には、導入前は月初などまとめて請求書を発行する際は 2 人がかりで 1 日掛かってしまっていた作業が、1 ~ 2 時間で完了するようになりました。 また、封入、封かんといった手作業だった手間のかかる郵送作業も自動化でき、作業工数が半分以下に削減されとても満足しております。

お客様概要

日本法規情報株式会社 様
代表取締役:今村 慎太郎 様
設立:2011年4月
本社所在地:〒163-0231 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル31階
事業内容:インターネットを利用した法規相談・法規情報の提供
URL: http://www.nlinfo.co.jp/

他の導入事例を探す

業種で探す
機能で探す

経理のミカタ導入事例を見る

受付時間:平日9:00〜18:00(年末年始を除く)