kintone API連携 | 請求管理・請求業務のシステム(ソフト)なら「 経理のミカタ 」

経理のミカタ kintone API連携

API/CSVを利用してkintoneとデータ連携。
kintoneの顧客情報を活用し、契約後の請求・集金・消込の自動化を実現します。

お客さまの声

コンテンツワークス3

手作業で半日かかっていた請求業務が0になりました。

目に見える結果として、物理的な請求書が電子に変わったことで年間20万円の経費削減ができたことや、これまで半日かかっていた普段の請求作業が0になりました。 お客様からも請求書をメールで送ってほしいといったご要望をいただくことが多かったので、送付した電子請求書に既読通知がついていて現状がわかりやすいところもありがたいですね。

詳細をみる

kintoneの企業情報を活用して請求の自動化

kintoneで蓄積された顧客データから、請求書の発行・集金・消込・催促まで自動化できます。
請求件数がどんなに増えても、月々の請求に掛かる業務時間はほとんど変わりません。

kintone自動請求

ロボットが毎月の請求・集金作業を代行、とにかく手間いらず。

これまで膨大な時間がかかっていた請求書の作成や送付、そして顧客からの入金確認と催促、会計仕訳まで、毎月発生する請求管理業務をロボットがあなたに代わって行います。 月末月初に作業が集中し、ボリュームの把握が困難だった毎月の売掛金管理業務のルーティン化が実現し、リソースの再分配を進めることが可能になります。

金融機関のデータと連携、kintone上で入金結果を確認

口座振替、銀行振込、コンビニ決済、クレジットカード決済の入金結果が一目瞭然。
各金融機関のデータとkintoneが連動して、企業の入金状況が自動アップデートされます。

kintone×金融機関データ

これからは入金結果を確認するだけ。

取引先企業のお金の流れをkintone上で管理します。金融機関の入金データを自動的に取得し、企業ごと、案件ごとに見える化。これまでkintoneの範囲外だった経理部門で個別管理されていたお金のやり取りもすべて集約。重複管理等、従来の運用の無駄の削減にもお役立ていただけます。

経理のミカタについてもっと詳しく
知りたい方はこちらから

受付時間:平日9:00〜18:00(年末年始を除く)