業務自動化ソフトとクラウドコンピューティング の普及により経理3.0の時代が到来する?

かつて、会計ソフトが無かった時代の経理の仕事は本当に大変なものでした。 日々の仕訳を漏れなく記録した上で、それを間違いなく複数の帳簿に次々と転記していくという目の回るような仕事でした。

1990年代のパーソナルコンピュータの普及以降は、 会計システムを活用して会計処理をすることが一般的となりました。 コンピュータと併せて会計ソフトウェアも安価に導入出来るものとなった結果、 昨今の経理担当者は従来の会計の知識に加えて、自社にふさわしい会計ソフトウェアを選定して導入したり、 それらを使いこなして日々のお金の流れをシステムに記録していく能力が求められるようになりました。

会計システムを導入により、複数の元帳への転記を行う必要性がなくなった経理の担当者は、 帳簿をつけるスピードが飛躍的に向上を実現し、 資金繰り表の作成や売上分析といった業務を素早くに行うことが出来るようになりました。 時間に余裕も生まれ、今まで会計処理だけに時間を取られていた経理担当者の仕事の幅は広がってきたと言えます。

このeBookは、ソフトウェアのさらなる進化、業務の自動化の時代について、 さらなるIT時代へ向けて経理担当者が心がけるべきことを体系的にまとめたたコンテンツとなっています。

ダウンロード eBook