株式会社スタンダードテストピース 様

代表取締役 市川直樹 様

請求書業務にかけていた無駄な時間を削減しお客様にさらにご利用いただきやすい環境になりました

  

導入機能一覧

「導入前の課題」
  • 他社サービスを利用していたが、月極合算請求に対応しておらずソフトを併用することで、顧客管理が煩雑になっていた。
  • 顧客数が増えてきて請求件数も膨大になり、エクセルでの管理が難しくなってきた。
「導入後の変化」
  • 月極合算請求が可能になり、お客様にとっても弊社にとっても便利になった。
  • 合算請求、請求書発行日、請求書郵送の自動化が可能になり請求漏れ、郵送漏れを含めミスの心配がなくなった。

カスタマーサクセス

株式会社スタンダードテストピースでは、様々な企業が、研究開発に用いる金属・非金属試験片を製造販売しております。JIS 規格品や顧客の要望に合わせた研究用資材の受注生産を行っております。 企業の発展の原点は研究開発。そして、研究開発に欠かせない物。それが試験片です。開発には様々な問題がありますが、その問題をまるで社内の人間に話すかのように、気軽に話し合う事が出来る信頼関係を構築します。 「お客様が抱える問題を全身全霊で解決する」ことを第一に考え、「丸投げ出来る会社」を目指します。

サービス導入の背景と狙い

今まで請求書発行は商品毎に手動で行っていましたが、顧客が日々増え受注量も増えていく中で、お客様も 1 ヶ月間で複数の請求書を受け取ることになり、ご迷惑を掛けてしまうことが増えてきてしまいました。 請求書業務にかけている時間を少しでも別の時間に費やしたいと考え、請求書管理サービスの導入を検討いたしました。 「経理のミカタ」を選んだ理由は、合算請求の自動化、請求書発行日、請求書郵送の自動化が可能なことでした。請求漏れ、郵送漏れを含めミス無く作業を進める上で、何度も確認する必要がなく、 自動化は必須のサービスでした。以前は顧客情報、商品情報、受注情報、請求情報は ZohoCRM で管理していましたが、 月極合算請求は対応していませんでした。顧客数は 600 社を超え、それぞれ締日・支払日・支払い条件が異なり、商品も受注生産品なので商品管理も膨大な数量になり、 エクセルではとても管理は出来ない請求情報の量でした。その為に、月極合算請求業務用に別のソフトを用意し、顧客管理をしなければならないことが問題でした。 とはいえ、高額なソフトは購入できず、複雑なソフトでは社内の別の者が覚えるまで時間がかかるという問題もあり、低コストで操作も簡単で分かりやすかった「経理のミカタ」の導入を決定いたしました。

今後の展開

私たちのコンセプトは、「取引先企業の発展に貢献する」です。これは、お客様自身が本来の仕事に集中し、無駄な時間を過ごすことなく弊社の製品を有効活用して頂くことです。 顧客満足度を高める活動は様々ですが、まずは私たちが「ミス無く業務を行うこと」「お客様から弊社への確認作業を減らすこと」が前提にあると思っております。 そのために請求書業務にかかっていた時間を別の時間に費やし、今まで以上にお客様に貢献できる取り組みをしていきたいと考えています。 今後は、より複雑な試験片を提供することはもちろんのこと、製造業の枠を超え、情報面でのサポートも充実させていきたいと思っております。

お客様概要

株式会社スタンダードテストピース 様
代表取締役:市川 直樹 様
資本金:300万円
住所:〒254-0013 神奈川県平塚市田村一丁目19番3号
事業内容:各種テストピースの製造、加工、販売
URL: http://standard-testpiece.com/

他の導入事例を探す

業種で探す
機能で探す

経理のミカタ導入事例を見る

受付時間:平日9:00〜18:00(年末年始を除く)