株式会社MFS

取締役 COO 塩澤 崇 様

決済手段ごとに切り分けていたオペレーションを一本化することができました。

「導入前の課題」
  • 取引先がどの決済手段を選ぶかによって、オペレーションを変えなければならなかった。
  • バックオフィス業務に極力時間をかけたくなかった。
「導入後の変化」
  • 異なる決済手段に対して、同じオペレーションで対応できるようになった。
  • 経理周りの業務を自動で処理する仕組みを構築することができた。

貴社の事業内容と今後の展望について教えてください。

MFSは、住宅ローンに特化したFinTech企業です。ユーザーにとってベストな住宅ローンを提案し申し込みをサポートする住宅ローン借り換えコンサルティングサービス「モーゲージ・ネクスト」を提供しております。モーゲージ・ネクストでは、全国120行1000本以上のローンの中からユーザーに最適なローンを探し当て、金利シミュレーションも行える独自の分析システムが採用されています。 元メガバンク出身者を中心とした住宅ローンのスペシャリストがそのシステムを活用し、専門知識とノウハウも組み合わせることでユーザーにご納得頂けるコンサルティングを目指しております。今後は、サービスの全国展開を目指し、首都圏や政令指定都市を中心に、3年間で100店舗にまで規模を拡大して参ります。

今後事業を展開していく上での課題を教えてください。

クレジットカード決済と銀行振込の併用が課題でした。クレジットカードだけですと、ユーザーがビザカードやマスターカードを使用できなかったときの対応に不安がありましたので銀行振込も併用せざるを得ないと考えていました。一方で、銀行振込等、他決済との併用はオペレーションが複雑になってしまいますので、請求業務を一部行う営業担当の負担が増えると思いました。 また、新サービスの立ち上げ段階でもあり、あまりバックオフィス業務に工数を割きたくありませんでしたので、何かシステムを活用して自動化できないかと考えていました。

経理のミカタ導入を決めた理由と期待していることを教えてください。

一番のメリットはクレジットカードと銀行振込の運用を一つにまとめることができる点にあります。 決済ごとに運用のフローを変える必要がありませんので、請求を行う営業担当の覚えることが少なくてすむので助かります。 また、経理周りの業務を自動で処理する仕組みを社内に構築することができましたが、現在、弊社ではSalesforceの導入を検討しているので、今後はシステムを連携させて販売管理から一気通貫する形で業務の自動化を進めていきたいですね。

お客様概要

株式会社MFS 
設立:2009年7月
資本金:1億円(資本準備金含む)
所在地
・本社:東京都千代田区永田町2-17-17 アイオス永田町402号
・モーゲージ・ネクスト 京橋:東京都中央区京橋3-6-21 京橋伸和ビル6階
事業内容:住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」
URL: http://www.mortgagefss.jp/

他の導入事例を探す

業種で探す
機能で探す

経理のミカタ導入事例を見る

受付時間:平日9:00〜18:00(年末年始を除く)