株式会社イー・エージェンシー

エンジニアリング部 プロダクト開発チーム リーダー 瀬川 陽 様
クラウドプロダクト部 プロダクトチーム 金子 美穂 様

イレギュラー対応も負荷なく実現できるようになりました。

  

導入機能一覧

「導入前の課題」
  • プロダクトごとに請求先が異なり、請求書作成が手間だった。
  • 手作業で属人的な請求を行っており、急な依頼への対応が困難だった。
「導入後の変化」
  • 今まで属人的な手作業に頼っていた請求業務を効率化することができた。
  • 急に膨大な量の請求書作成の依頼がきても、ルーティンでの対応が可能になった。

貴社のこれまでの軌跡と、今後の展望について教えてください

イー・エージェンシーは、Webソリューションを提供する会社としてスタートし、Webソリューションの傍ら当初から自社プロダクトを開発・販売を行ってきました。

現在では、データアナリティクス、Web改善ソリューション、プロダクトサービスを柱とした事業を展開し、特にプロダクトサービスによるサブスクリプション型の収益構造を強化しています。

また国内だけではなく、上海やインドネシアといった海外にも拠点を置いており、今後は海外も含めさらにたくさんの方々に弊社プロダクトサービスをご利用いただけるよう積極的にビジネスを展開しております。

今後の展望を実現する上で、課題となっていたことについて教えてください。

請求書の発行枚数が月によって大きく増減しており、手作業にて発行・郵送を行っていた為、社内で効率的に行うことが難しい状況でした。

外部で何か良いサービスが無いかと探していたところ、既存のシステムと連携し、自動で請求書を発行・郵送できる「経理のミカタ」を見つけました。
価格面につきましても「経理のミカタ」は発行枚数で課金となる為、弊社のサービスとも合うと考えました。

ミカタ導入後、どのような変化が現れたか教えてください。

まず、請求書の作成と送付作業がシステム化されたことが何より大きな変化でした。
プロダクト事業部では一つのサービスだけで毎月多くの請求をこなしていたこともあり、システムが膨大な業務を自動処理してくれるので助かっています。

また、急に大量の請求書を発行する場合でも、いつものルーティンで手間無く対応を済ませられる業務基盤を築くこともできました。

その他、こちらがお伝えした要望をいつの間にかシステム改善に取り入れてくれている点など、素早い対応がありがたいですね。

お客様概要

株式会社イー・エージェンシー 様
設立:1999年1月
資本金:9500万円
事業内容
・データアナリティクス事業
・カイゼンソリューション事業
・Eコマース支援事業
・プロダクトサービス事業
・アジア進出・展開支援事業
URL:http://www.e-agency.co.jp/

他の導入事例を探す

業種で探す
機能で探す

経理のミカタ導入事例を見る

受付時間:平日9:00〜18:00(年末年始を除く)