スマホ決済(スマートフォン決済)とCAT端末との比較

決済代行会社(CAT端末)を比較

実店舗カード決済(CAT端末)を新規設立、乗り換えをお考えの方必見!8つの条件で決済代行会社を3社比較をしています。

他社との条件と比べお得なサービスが充実

A社
月額コスト 3,000円
端末代金 50,000円
手数料率
審査 5営業日
初期費用 なし
実績年数 10年
トランザクション 10円/1件
専任サポート
B社
月額コスト 5,000円
端末代金 0円
手数料率
審査 4営業日
初期費用 あり
実績年数 3年
トランザクション 5円/1件
専任サポート ×
Cloud Payment
月額コスト 0円
端末代金 0円*1
手数料率
審査 3営業日
初期費用 あり
実績年数 13年
トランザクション 無料
専任サポート

*1/売上決済金額が一定に達しなかった場合、別途料金がかかることがあります。( 初年度のみの条件となります )

決済代行会社とは?

クレジットカード会社とカード決済を導入したい加盟店(店舗様)との間に入り、カード決済を提供する会社です。

実店舗を開業するうえで、もはや常識になりつつあるクレジットカード決済。しかしながらクレジットカードを扱うためには、様々な高いハードルがあり、個人でカード決済を導入することは困難です。個人でカード決済導入を行おうとすると、各クレジットカード会社個々に複雑な手続きが必要になり手間が増えます。また導入後、振り込みなどの管理も複雑化します。窓口を少なくし、審査から契約、導入後のサポートも全て決済代行会社で取りまとめられるのも決済代行会社を利用するメリットのひとつになります。

Cloud Paymentでは13年間で培ったノウハウを提供し、よりスムーズに最適な形で導入の支援をします。

海外決済と国内決済の違い

お客様が店舗でカード決済をされた際に、その決済情報が国内金融機関を経由してカード会社に届き処理されるものが国内決済です。一方、決済情報が海外金融機関を経由してカード会社に届き処理されるものが海外決済となります。 したがって海外決済の場合は、日本の店舗を利用しているのにも関わらず端末から印字されるレシートには英語で海外金融機関の名称が記載されるという事が起きます。

海外決済と国内決済を比較してみる

  国内決済 海外決済
ブランド 5大ブランド Visa,Master,JCB
使用端末 CAT端末 パソコン
レシートの表記 店舗名 決済ライン名(英語表記)
チャージバック手数料 無料 有料
トランザクション 無料 50円~100円
決済手数料 3%後半~6% 7%~10%
デポジット 不要 売上金額の10%
分割払い 適用業種あり 全て一括払い
審査基準 厳格審査 殆どが審査通過

上記の比較表からしても国内決済の方が断然お得になっております。
ただし、国内決済は信用度が高い分、加盟店審査も厳格であることは間違いありません。
Cloud Paymentには13年のノウハウがありますので、以前に審査が通過できかねてしまった店舗様、ご不安を抱えてる店舗様でもまずはお気軽にご相談ください。

お申込みはこちら

店舗向けクレジットカード決済端末の導入なら株式会社Cloud Payment。
店舗でのご利用に最適なクレジットカード決済端末を幅広く取り扱っております。
カード端末は無料。業界最短3営業日で審査結果がわかります。

お電話でのお申込み

営業時間 9:00 ~ 18:00 (土日・祝日を除く)

プライバシーマーク
当社は、財団法人日本情報処理開発協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています。
PCIDSS 3.1 (Payment Card Industry Security Standard)
クレジットカード業界におけるグローバルセキュリティ基準に準拠した、システム・管理体制によって 業務を運用しております。