社長挨拶|株式会社Cloud Payment 2017採用

常にチャレンジし続ける企業風土

Cloud Paymentは、2000年、私が30歳の時に創業しました。
私のモットーは「為せば為る」であり、何事にも不可能はないと考え、常に何かを追求し、チャレンジしていく姿勢を貫いてきました。
ビジネスも同様、常に最新の情報を収集し、アンテナを巡らせ、常に自分を貪欲にレベルアップするよう努めてきました。そうすることにより最強の企業となることが、Cloud Paymentに浸透した企業風土だと思っています。 創業時はインターネットやECが黎明期の時代でしたが、これらのマーケットは現在でも更に成長しています。

現在、我々がこのようなマーケットにいることはラッキーと言えるかもしれませんが、偶然は必然という言葉もあります。我々の日々の努力や積み重ねこそが、結果的にこのようなマーケットで市況に関係なく成長し続けている最大の理由かもしれません。

Cloud Paymentは従業員を
ファミリーと考えています

全従業員が一流のビジネスパーソンとして、尊敬される人間として成長するために様々なことを行っています。従業員が成長するための仕組みをつくり、また日頃の上司部下の関係を越えて、お互いに切磋琢磨する企業風土が醸成されています。時には従業員に厳しく接することもあります。
しかし、それは従業員をファミリーとして考えているためであり、更に成長してほしいからこそ、従業員のことを真剣に考えているからこそ、敢えて厳しいことを言います。だからこそ、従業員皆とても思いやりがあり、まさに全員がファミリーといえる企業風土です。

人事評価に関しては、従業員の希望や考えを聞き、どれだけ社会に貢献できているかなども考慮しています。従業員と密なコミュニケーションをとり、キャリアプランを踏まえた意見を聞いた上で、従業員の成長・成功を意識したフィードバック面談を実施するとともに、評価制度を更に充実させていきます。

Financial Robot Companyで
新世界を創造するリーダーに

Cloud Paymentは、オンライン決済業界をリードしてきた経験やノウハウを活かし、今までにない「Financial Robot Company」に発展しようとしています。 Fintech×Robot×AIをコンセプトとして、企業のお金まわりの業務を自動化するサービスを開発・提供し、オフィスワーカーの生産性を向上させるための我々の理念は前例のないものであり、我々はそれによる更なる進化を確信しています。我々は、共に成長・進化し、今までと全く異なる世界を創造する、新世界のリーダーとなるような人材を求めています。

今の子供たちの65%がこれから誕生する産業に従事するとされている現代において、既存の枠組みは大きく変貌し、まさに新世界が誕生しようとしています。 このような時代において、有名企業にいる、一流の経歴がある、高い水準の教育を受けているだけでは、これからの皆さんの成長や成功を約束してはくれません。

我々には、お金をつなぐことにより未来の夢を実現し、新世界を創造するという壮大な目標があります。具体的には、2025年までに年間流通金額1兆円を突破し、そしてグローバルに事業を展開していきます。 また、我々は、それを実現するための決済に関する優位性と斬新なサービスコンセプトを有しています。
新世界にライバルはいません。皆さんの意思で壮大なビジョンを描き、その手で夢や成功を掴みとってください。