プレスリリース

イベント

メディア

カード情報の国際セキュリティ新基準PCI DSS Ver3.0に完全準拠

2014年7月8日

インターネット決済サービスを提供する株式会社Cloud Payment(本社:東京都渋谷区、代表取締役:清久 健也、以下Cloud Payment https://www.cloudpayment.co.jp/)は、クレジットカード業界におけるセキュリティ基準「PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)Ver3.0(以下、PCIDSS)」に準拠いたしました。

<安心・安全なオンラインショッピングの提供のために>

近年、クレジットカード情報の不正取得を目的とした海外からの不正アクセスやセキュリティ事故等が増加しており、オンラインショッピングに対してより堅牢なセキュリティ体制が求められています。 Cloud Paymentでは創業時よりセキュリティ対策に力を入れてまいりました。 オンラインビジネス市場の拡大に合わせてより一層のセキュリティ対策が必要と考え、セキュリティポリシー、技術的、物理的セキュリティや運用上のセキュリティなどを確保するために定められた業界最高レベルの基準であるPCIDSSを2010年より採用し、毎年の認証更新と基準改定に対応しております。

今回準拠したVer3.0では、従来のVer2.0にくらべ、より具体的、かつ明確化した要件が加えられました。現在のカード決済の環境がより複雑化している状況に伴い、実際に運用状況を想定したテスト方法の手順の充実や、教育・知識の向上、ビジネスパートナーの情報管理など、今回の基準に対応するための社内運用体制を整え、更なるセキュリティ強化に努めていきたいと思っております。

<PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)>

PCI DSSとは、カード会員データを取り扱う事業者向けのセキュリティ基準で、加盟店・決済代行事業者が取り扱うカード会員のクレジットカード情報・取引情報を安全に守るために、VISA・JCB・MasterCard・American Express・Discoverの国際ペイメントカードブランド5社が共同で策定した、クレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準です。 https://www.pcisecuritystandards.org/

■株式会社Cloud Payment 会社概要
株式会社Cloud Payment 
所在地:東京都渋谷区神宮前6-19-20 第15荒井ビル4F
設立:2000年10月
資本金:121,000,000円
代表:代表取締役 清久 健也
URL:https://www.cloudpayment.co.jp/

ページのTOPへ