ちょっとわかりづらい……内税と外税の違いを知ろう! | Cloud Payment 公式ブログ

ちょっとわかりづらい……内税と外税の違いを知ろう!

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

11-10_153134460

代金を請求する際に、商品の値札の総額が税込みの場合は「内税」、税抜きで消費税を別表記しているものを「外税」といい、消費税率が8%に変わった時期から総額表示という義務付けが緩和されました。「内税」と「外税」のどちらの方法にするかは請求先の会社のルールによって異なります。今回は、内税と外税の違いと、税務上の疑問にお答えします。

内税と外税の違いとは

内税と外税の違いは、商品やサービスの価額に消費税が含まれて表示されているのか、別なのかの違いをいいます。同じ商品を販売するにあたり、消費税が「含まれた金額」か「本体部分」だけの金額かで、消費者は高いような安いような錯覚をしてしまいます。この経緯から消費税が3%から5%にあがったときに、消費者が商品の価格の比較が容易になるように総額表示の義務付けが行われました。

今回の8%の税率アップでは、税金が上がったのにまるで商品の値上げをされたかのように消費者に思われて、転嫁できないまま事業者が苦しむことがないように、総額表示の義務化が緩和されています。総額表示である「内税」と税別表示の「外税」方式が混在しています。例えば、100円ショップの商品が、今までは105円表示だったものが、108円と表示しなければならないのですが、100円税8円、という合計していない表記をしているところもあります。または、レジの際に商品本体の合計を示して、「消費税がかかりまして、合計○○円です」という提示がされます。

取引先によって異なる処理だと税務上の問題はある?

取引先によって、内税と外税の違いがある処理を行うと税務上の問題はあるでしょうか。

内税と外税の違いはあくまでも表示上の問題ですので消費税の申告について問題になることはありません。ただし会計ソフトの入力時には注意が必要です。総額で入力して消費税額を自動計算させる場合が一般的ですので、外税の場合でも消費税設定を変更しないまま本体価格で入力してしまうと総額が変わってしまいます。内税と外税の表記が混在する場合には会計ソフトの消費税設定に注意して入力しましょう。

まとめ

「内税」と「外税」の違いについて、解説しましたがいかがでしたか? 事業者によって「内税」と「外税」の表記が異なるのは、消費税が上がったことで事業者が商品の値上げをしたと思われないための緩和措置のひとつなのです。そのために、内税と外税の両方が存在しています。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP