経理の仕事を外注に委託する際の3つのポイント | Cloud Payment 公式ブログ

経理の仕事を外注に委託する際の3つのポイント

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

 

11-1_106522035

単純作業の伝票の入力を中国に委託することから始まり、最近では、経理作業を外部業者へ委託する企業も増えてきています。管理業務の経理機能を社内に持たず、外注してアウトソーシングするメリットとデメリットについて解説します。

経理を外部に委託する企業が増えている

経理部門を社内に置くと、事務員を雇い人件費というコストがかかります。経理の外注を利用し外部に委託すると、一定レベルの品質の経理業務の実現が見込めるほか、面倒な作業から解放されるメリットも。

この社外に経理をおく外注方式は、事後の記帳代行だけではなく、支払業務や請求書作成、給与計算などを含めた、オンタイムな経理業務全般を委託することができるのです。

外部へ委託する場合のメリット・デメリット

さらに詳しく、外部へ経理の外注委託をした場合のメリットとデメリットをみていきましょう。

1.経理を外注委託した場合のメリット

まず、経理業務に特化したスタッフが従事するので、専門性の高いサービスと研修を受けた最新の情報のアドバイスが受けられる点が大きなメリットだといえます。

社員を雇用すると繁忙期は残業代が増し、平常時は人件費が固定化してしまいます。社員としての給与以外にも、経理を外注とすれば業務量に応じた変動費用であるだけでなく、労使折半の社会保険料や人材育成費、福利厚生費などのコストもダウンすることが可能です。

また、社内で経理を長く任されていると、不正が起こる可能性がないとはいえない状況ができてしまいがちです。しかし、経理を外注すれば、契約内の範囲で適切な責任をとってもらえることと、癒着などおきにくいクリーンな環境を作れるといえます。

2.経理を外注委託した場合のデメリット

社内に経理作業に関するノウハウが残らないので、将来的に経理を社内に移行する場合には、ある程度環境を整えるための移行期間をとる必要があります。

当然ながら、経理担当者が同じオフィス内にいないため、急ぎの出金が発生するといったタイムリーな対応が難しくなるのもデメリットといえるでしょう。

外注先には事前に緊急の対応について協議しておくことと、あまり対策が必要ない余裕をもったスケジューリングを行うなど、不便を感じない仕組みづくりが必要です。

外部委託先の選定ポイントとは?

経理を外注することを検討する要因として、新たに任せられるかどうか未知数の社員を雇用するより、費用の面、経理実務の質が高いことが最低条件になります。

次に委託する会社の選定ポイントは、業務の実績や会社自体の信用力、納期が守れるか、数年に渡る長期間の依頼できるかなども確認のポイントとして挙げられるでしょう。

さらに、担当者が頻繁に変わるようでは業務が安定せず、せっかくの効率化のための外注も無意味になってしまいます。そのために社員の定着率が高いかどうかも選定ポイントとして重要だといえそうです。

まとめ

経理を外注することは、お金関係を外部の人に任せるという大きな決断をせねばならず、躊躇してしまうかもしれません。しかし、一方で煩雑な業務から開放されて、注力するべき本業に専念できるようになるため、経営戦略の早期実現ができ、間接的に売上拡大につながる可能性もあるのです。また、最近では外注に頼らず社内で請求の自動化をするという選択肢もあります。そのためのサービスがどんどん生まれており、弊社が開発した請求管理クラウド「経理のミカタ」もその一つです。実際に、経理に人員を割かなくても済むようになった例もあるので、是非ご参考にしてみてください。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP