何をすればいい? 振込手数料を削減する4つの方法

何をすればいい? 振込手数料を削減する4つの方法

[記事更新日]

Facebook にシェア
Pocket

何をすればいい? 振込手数料を削減する4つの方法

何をすればいい? 振込手数料を削減する4つの方法

社員への給与の支払いや企業間での取引で企業では銀行への振込手数料が経費としてかかります。一度の振込では数百円で済むものの回数を重ねていくと大きな経費となるものです。できるならこうした経費を低く抑えたいというのが本音ではないでしょうか。
そこで振込手数料を安くする方法のご紹介です。

1.ネットバンクの利用

インターネット専業の銀行である住信SBIネット銀行、新生銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行などのネットバンクを利用すると振込手数料を低く抑えられます。
例えば住信SBIネット銀行の場合、住信SBIネット銀行の口座間での振込が金額に関わらず51円です。他の金融機関の振込だと振込金額3万円未満 165円(税込)、振込金額3万円以上 258円(税込)となっています。
ネットバンキング以外の店舗型の銀行は窓口振込で振込金額3万円以上だと最大800円以上かかり、大幅に差が出ます。ネットバンキングによっては他行への振込手数料が付き数回無料になるところがあります。こうしたサービスを使って通常の銀行での振込よりも安くできるのです。
パソコンを使った振込方法で店舗やATMに行く手間が省けるのもメリットです。

2.当座預金を利用

当座預金は企業間取引で利用される小切手や手形を振り出すときに引き落とされる決済用の口座です。口座開設には登記簿謄本を始め、書類提出が求められ審査が必要になります。当座預金は小切手に相当する金額の引出に手数料がかからないというのがメリットです。企業間取引において普通口座で振込むときの振込手数料分を浮かせることができます。
当座預金には引き出し限度額の制限がなく、大きな取引にも活用できるものです。
当座預金は支払いに残高が不足していても限度額なら一時的に銀行からの融資が可能で、そうした融資を当座借越と言います。当座借越を利用するには担保が必要です。

3.社員の給与振込口座を同一行同一店舗にする

社員の給与振込口座を会社で持っている口座の銀行の同一店舗に指定すると条件により手数料が無料になるところがあります。給与振込の手数料は社員数が多ければ多いほど負担になります。経費削減にも貢献するものなので社員の給与口座をあらかじめ指定してしまうとその先のかかる経費もぐっと削減できることでしょう。

4.国内送金代行サービスの利用

「Bankur」という送金専用のプラットフォームを立ち上げているサービスがあり、銀行振込手数料一律260円(税別)という安さが魅力です。送金データを作成してBankurにデータを送り、送金先の銀行に振り込まれます。振込手数料が高くかかるものはこのサービスを利用することでぐっと低く抑えることができるでしょう。

何をすればいい? 振込手数料を削減する4つの方法

銀行振込手数料は工夫次第で安く抑える方法があります。社員の給与口座を指定することは社員にとっては多少の不便はあるかもしれませんが、先々も振込手数料を払い続けていくことを考えれば会社としてのメリットは大きいものです。
このように身近なところで経費削減のヒントは眠っているかもしれません。
抜本的な振込手数料の削減を目的とするならBankurのような国内送金代行サービスを活用するのもひとつの手段です。

詳しくはこちらのサイトをご参照ください。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP