どこが良くなる? 給与計算をアウトソーシングするメリット

どこが良くなる? 給与計算をアウトソーシングするメリット

[記事更新日]

Facebook にシェア
Pocket

どこが良くなる? 給与計算をアウトソーシングするメリット

どこが良くなる? 給与計算をアウトソーシングするメリット

給与計算は通常、社内で人事関係の部署などが担当するものですが業務そのものをアウトソーシングするという風潮が起きつつあります。もともとは欧米で普及したもので日本でも90年代以降、業務の効率化を図ることを目的に活用されるようになりました。
2000年以降、企業経営にアウトソーシングを求める動きが出てきたことをきっかけに給与計算のアウトソーシング化も広がってきています。
では給与計算をアウトソーシングするメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

1.コスト削減

アウトソーシングで給与計算担当者の人件費や給与計算に必要なコンピューターシステムのもろもろの費用といった部分が削減できます。
業務を委託する給与計算代行会社は大容量の作業が可能なコンピューターシステムを保有し、業務をまとめて処理するので費用を抑えることができるのです。これにより企業が自前でコンピューターシステムを保持、管理しなくてもいいようになります。
また小規模な会社だと給与計算担当者の退職などで業務が滞るリスクが考えられます。労働法規の専門知識を必要とする仕事なので後任がすぐ見つかるとも限りません。
アウトソーシングであればこうした事態に直面しないということもメリットです。

2.法令の改正に対応できる

法令改正があったときには給与計算代行会社でそれに見合ったシステムに適応できることもメリットです。
給与計算で面倒なのは労務関係や社会保険制度の改正があったときに逐一対応しなければならない点です。担当者がそれを把握し社内規定や業務手順などに反映していく必要があります。正確に対応しなければならず労力負担が大きく業務の複雑化もあるでしょう。
こうした煩雑なプロセスを給与計算代行会社にアウトソーシングすることにメリットがあります。

3.人員をコア業務にシフトできる

定型業務である給与計算をアウトソーシングすることで人員を他の業務に振り分けることができます。どの範囲までアウトソーシングするかにもよりますが、現在の給与関係の業務をアウトソーシングすることで7~8割を削減できるというものです。
人員を本業の収益を生み出す部分にコミットさせることもでき、業務のあり方に多様性が出てくることでしょう。

どこが良くなる? 給与計算をアウトソーシングするメリット

給与計算代行会社は人事面を中心に企業ニーズを捉えたサービスを提供しています。選ぶ際は自社のどの部分をアウトソーシングするべきかを考えることです。そうしたことでどんなメリットが生まれるかを想定します。
給与計算会社の請け負う範囲は勤怠管理などの人事・総務面にまで及びます。将来的な会社のあり方を考える際に人事面の人員のやりくりに思いを巡らせなくてすみ、より本業に力を集約させた経営が可能になります。
こうしたアウトソーシングに目を向けてみてはいかがでしょうか。

給与計算代行会社についてはこちらの内容もご参照ください。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP