クレジットカード決済のトラブルを避けるための注意点

クレジットカード決済のトラブルを避けるための注意点

[記事更新日]

Facebook にシェア
Pocket

クレジットカード決済のトラブルを避けるための注意点

クレジットカード決済のトラブルを避けるための注意点

インターネットでの支払いをはじめ、さまざまな場面で便利に利用できるクレジットカード。利用するたびにポイントが貯まるのもお得感があって、いろいろな支払いに好んでクレジットカードを利用しているという方も多いと思います。
そんな便利なクレジットカードですが、一方で気になるのがクレジットカード決済によるトラブルです。クレジットカードによる個人情報流出や、クレジットカードの不正利用被害などといったトラブルにまつわるニュースを耳にすることも少なくありません。
こうしたクレジットカード決済のトラブルを避けるためにどのような点に注意すべきなのかをお伝えします。

クレジットカード利用による個人情報流出

クレジットカードから流出する可能性のある個人情報とは、具体的にはクレジットカード番号と有効期限、セキュリティコード、クレジットカード名義などといったカードに記載された内容です。
クレジットカード情報が盗まれる手口としては、カードそのものが盗難に遭う車上荒らしやスリなどに加えて、カード情報を狙ったスキミングやフィッシング詐欺などが挙げられます。
クレジットカード情報が流出することによる大きな問題は、これにより発生しうるクレジットカードの「不正利用」です。身に覚えのない高額な請求がカード会社から届いて初めてカード情報の流出と不正利用に気づくというケースは少なくありません。

不正利用を避けるためにはカード管理をしっかりと

クレジットカード情報が流出し、第三者によって不正利用されたとしても、クレジットカード会社がこれを不正利用であることを認めた場合には、原則としてカード所有者に対して請求が発生することはありません。ただし、そのためには不正利用にすぐに気づいて、第三者による不正利用であることをカード会社に対して証明する必要があります。
カード所有者は、日頃から利用明細書をきちんと見て、身に覚えのない請求ないかを確認しましょう。また、家族などにもクレジットカードを貸さないこと、カード裏面には必ず署名をしておくことなども大切です。

オンラインショッピング利用時の注意点

クレジットカード決済のトラブルを避けるための注意点

オンラインでクレジットカード情報を入力する際には、そのサイトが信頼できるサイトであるかどうかを見極めるのが大切です。以下のような点に注目することをおすすめします。

・SSL(Secure Socket Layer)に対応しているかどうか
SSLとは、入力された情報を暗号化して送受信する仕組みです。クレジットカード情報などを入力する際は、入力ページがSSLに対応しているかどうかを確認しましょう。URLが「https://~」となっているのがSSL対応ページです。

・特定商取引法に基づく表記が記載されているか
オンラインでの商取引には、特定商取引法に基づく表示を行うことが求められています。この表記がきちんと行われていないサイトは避けた方が無難です。

一方、事業者側のセキュリティ対策としては、3Dセキュアやセキュリティコードによる本人認証を導入することなどが挙げられます。こうしたセキュリティ対策を導入している事業者はセキュリティ意識の高い事業者だということができるでしょう。

「クレジットカード決済」のサービスTOPページへ

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP