便利な決済手段「口座振替」の仕組みとメリット

便利な決済手段「口座振替」の仕組みとメリット

[記事更新日]

Facebook にシェア
Pocket

便利な決済手段「」の仕組みとメリット

便利な決済手段「口座振替」の仕組みとメリット

通販の定期コースや頒布会、さまざまなサービスの会員料金など、定期的な支払いが生じるケースは多いものです。
こうした支払いは自動で完了する仕組みを導入するのが、利用者にも事業者にもメリットが大きくなります。その手段の一つが「口座振替」です。今回は口座振替の仕組みやメリットについてご紹介します。

口座振替とは?

口座振替とは、利用者があらかじめ指定した銀行口座から、指定期日になると自動的に料金が引き落とされるという決済方法です。

電気、水道、ガス、NHKなどの公共料金の支払い、クレジットカード代金の支払いなどの際に、銀行口座からの引き落としという方法で支払っている方も多いでしょう。これが口座振替です。公共料金以外にも、定期的・継続的に支払いが生じる商品、サービスの代金支払い方法として口座振替が利用できるケースは多いです。

口座振替の仕組み

便利な決済手段「口座振替」の仕組みとメリット

「振込」が対象の口座への入金を幅広く指す言葉であるのに対して、「振替」という言葉は本来、同一の金融機関内での資金移動を指す言葉です。

口座振替では、銀行や信用金庫などの金融機関が、利用者の口座から、引き落としという形で事業者(多くは決済代行会社)の口座へと資金移動するものだと言えます。このため、振込には手数料がかかるのに対して、口座振替には手数料がかからないのが一般的です。

口座振替のメリット

定期的に支払いが発生する料金等の決済手段として口座振替を導入することで、以下のようなメリットが得られます。

【利用者にとってのメリット】

・支払いの手間がなくなる
指定口座から自動で引き落とされるため、支払いのために口座番号を控えたり銀行やATMなどに出向く必要がないので便利です。

・入金ミスがなくなる
期日に自動で正しい入金先に対して正しい金額が引き落とされるため、入金先や金額を間違えたり、支払いを忘れて期日に遅れたりといったことがなくなり安心です。

【事業者にとってのメリット】

・未払いリスク軽減
利用者の口座から自動で引き落とされることは、事業者にとっても未払い・支払いの遅延などといったリスクが減少することなります。

・利用継続率の向上
利用者が月々の支払いを意識するタイミングは、解約のきっかけになりやすいものです。口座振替で自動で支払いが完了することにより、利用継続率の向上にもつながるのです。

・集金業務の労力およびコスト軽減
振込で集金する場合、振込用紙の印刷、送付および入金確認の業務が煩雑になります。指定された期日に一括で自動入金される口座振替なら、集金業務のための作業および人件費等のコスト軽減になります。

「口座振替」のサービスTOPページへ

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP