企業会計とどう違う? 学校法人会計の特徴

企業会計とどう違う?学校法人会計の特徴

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

企業会計とどう違う?学校法人会計の特徴

企業会計とどう違う? 学校法人会計の特徴

学校法人会計には、企業会計とは異なる表現や処理が求められる部分があります。企業での会計業務の経験がある人でも、学校法人で会計業務に就くとなると戸惑う部分が多いものです。具体的に企業会計と学校法人では何が異なるのでしょうか。学校法人会計の特徴についてお伝えします。

企業と学校法人は会計の目的が違う

一般企業は利益を得る目的で存在していますが、学校法人は教育研究活動を目的とした非営利法人です。法人の存在理由が異なるため、会計の目的も当然異なります。学校法人は、教育研究を永続的に行っていくための資金を確保する必要があります。このため、学校法人会計は、損益より資金に着目した会計となっています。
企業会計と学校法人会計では、財務諸表も以下のように異なります。

学校法人会計:資金収支計算書、事業活動収支計算書、貸借対照表
企業会計:損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書

「資金収支計算書」と「キャッシュフロー計算書」の違い

企業会計とどう違う? 学校法人会計の特徴

企業会計の「キャッシュフロー計算書」は、損益計算書では把握できない資金の動きを営業活動、投資活動、財務活動ごとに示す計算書です。期中の実際の資金の収支を3つの区分に分けて表示して期末資金残高を表示します。
学校法人会計の「資金収支計算書」も、キャッシュフロー計算書と同様に資金の動きに着目するものです。すべての資金の収入と支出を明らかにするもので、損益に関わらない前受金などの資金収入、固定資産取得時の資金支出など「資金の増減」に関わるものをすべて表示するのが特徴です。資金の増減がどのような活動によるものなのかを把握するための資料となります。

「資金収支計算書」と「損益計算書」の違い

学校法人が永続的な教育活動を行うため、損益を表すための資料が「資金収支計算書」です。その会計年度の消費収入および消費支出の内容及び均衡の状態を明らかにするために作成されるもので、企業会計における「損益計算書」と似た役割を担っています。
資金収支計算書の収入の部に「基本金組入額」という収入をマイナスする科目がある点が、企業会計と大きく異なります。基本金組入を差し引く前の収入から消費支出を差し引いた額が企業会計における最終損益と同じものになります。

「貸借対照表」の違い

貸借対照表は、学校会計と企業会計でほぼ同じ構造ですが、「基本金」と「資本金」の違いがあります。
企業会計では、出資者の出資相当額を拘束財産と定義し「資本金」として表示しますが、学校法人会計では教育研究活動に必要な資産を継続的に保持すべきものとして、それに見合う金額を資産負債差額のなかで「基本金」として表示します。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP