新しい社会保険料はいつ反映すればいい? | Cloud Payment 公式ブログ

新しい社会保険料はいつ反映すればいい?

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

新しい社会保険料はいつ反映すればいい?

新しい社会保険料はいつ反映すればいい?

毎年7月に提出している算定基礎届、標準報酬月額が2等級以上変動した場合に提出する随時改定、これらによって変更される社会保険料をいつの給与から反映すればよいのか意外と知られていない。ここではケースに応じて解説していく。

(1)算定基礎届を提出した場合

毎年7月10日までに提出するもの。社会保険に加入している従業員全てにおいて、その年の4月から6月までの給与を支給月で割ったものを報酬月額として届け出る。これによって定時決定、定時改定が行われ社会保険料の等級が決定される。この場合には9月分の社会保険料から反映をすることとなり、通常の場合翌年8月分まで同じ等級となる。

(2)随時改定(被保険者月額変更届)を提出した場合

新しい社会保険料はいつ反映すればいい?

随時改定は(1)とは別に、以下の条件に該当した場合に速やかに提出するもの。
・昇給又は降給等により固定的賃金に変動があったこと。
・変動月からの3か月間に支給された報酬(残業手当等の非固定的賃金を含む)の平均月額に該当する標準報酬月額とこれまでの標準報酬月額との間に2等級以上の差が生じたこと。
・3か月とも支払基礎日数が17日以上であること。
この場合(1)と同様4月から6月の給与を例にとると、7月に被保険者月額変更届を提出し8月に随時改定がなされるので8月分の社会保険料から反映することとなる。この場合には再度随時改定がなされない限り算定基礎届の効力が生じる年の8月分まで同じ等級となる。

共通の注意事項

上記2つとも共通の注意事項として会社が社会保険料をどのタイミングで控除しているかというのは重要なポイントである。
実際は4種類あり、
・当月分の社会保険料を当月分の給与から控除(8月分の社会保険料を8月分の給与から控除すること)
・前月分の社会保険料を当月分の給与から控除(8月分の社会保険料を9月分の給与から控除すること)
・当月分の社会保険料を当月支給の給与から控除(8月分の社会保険料を8月支給の給与から控除すること)
・前月分の社会保険料を当月支給の給与から控除(8月分の社会保険料を9月支給の給与から控除すること)

例にしたケースの場合8月分の社会保険料は実際に納付するのは翌月末の9月であることから、一般的には前月分の社会保険料を当月分若しくは当月支給から控除することが多い。

以上のように社会保険料をいつの給与から反映すればいいのかは、会社の社会保険料控除のタイミングと各従業員の標準報酬月額が何月分から適用されるのかで決まるということを理解しておくと良い。

この記事の著者紹介

鈴木 雅嗣(すずき まさつぐ)
税理士
enrolled&memoire合同会社 代表社員

取り巻く環境が複雑であることを背景に、画一的なサービスを提供せずクライアント1人1人とコミュニケーションを取った上での提案業務を主とする。
業務の基本として税理士業務はもちろんのこと、従業員教育、資産形成、経理のアウトソーシング等、業務範囲は問わず多岐に渡る。また税理士事務所にありがちな依頼がいつ終わるのか?と待たせることをせず、納期を設定の上、質を担保した上でのスピードも重視している。
契約可能地域は関東東京近郊を主とするが、一定の条件を満たすことで日本全国可能。顧問料は各自のニーズに合わせて納得いく金額を協議の上決める。通称税務で食わない税理士。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP