このボタンは何?意外と知らない電卓機能と活用方法

このボタンは何?意外と知らない電卓機能と活用方法

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

このボタンは何?意外と知らない電卓機能と活用方法

このボタンは何?意外と知らない電卓機能と活用方法

経理の仕事をする人なら電卓は必需品。しかし、意外と「このボタンは何ができるの?」というものや使っていない機能も多いのではないでしょうか。
一般的な電卓の機能で知っておくと便利な機能をまとめました。

(1)端数処理

端数処理は下記で行います。
F:表示限界まで小数点を表示
CUT:切捨て
UP:切上げ
5/4:四捨五入
小数点セレクターで小数点いくつまで表示するか設定できるため0、1、2、3、4等に必要に応じて設定します。

(2)ADD2

このボタンは何?意外と知らない電卓機能と活用方法

ADD2(アドモード計算)は ドル、ユーロ等を、補助通貨(セント)で計算する専用モードです。
例えば、30セント、50セント、及び 80セントの合計を求める場合
AC(All Clear)30+50+80=1.60
小数点ボタン(.)を押さなくても、入力した数値の下2桁目に小数点が現れ、簡単に合計1.60ドルを算定できます。

(3)GT

GTはGrand Total(グランドトータル)機能のことをいい、直前に計算した数値の合計額を出す機能のことをいい、AC(All Clear)ボタンを押すまで記憶してくれます。
例えば、200×2、100×5を計算した後にGTボタンを押すと合計額の900を算出してくれます。

(4)MU

MUはMark UP(マークアップ)機能のことをいいMUキーにより、売価設定等ができます。
例えば、1,000円に消費税8%を乗じると、1,000×8MUで1,080と計算したり、仕入原価700で利益率30%として売価を設定する場合、700÷30MUで1,000と算定できます。

(5)メモリー機能

MはMemory(メモリー)の略です。
「M+」(メモリープラス):電卓に表示されている数字を、メモリーに足すします。
「M-」(メモリーマイナス):電卓に表示されている数字を、メモリーから引きます。
「MR」(メモリーリコール):メモリー内容を呼び出します。
「MC」(メモリークリア):メモリー内容をクリア(0)します。
例えば、50×2+100×3を算定する場合50×2=100を「M+」を押し、100×3を「M+」を押した後に「MR」を押すと400と算定できます。
また、50×2-100×3を算定する場合50×2=100を「M+」を押し、100×3を「M-」を押した後に「MR」を押すと-200と算定できます。

この記事の著者紹介

hukudome
福留 聡(ふくどめ さとし)
公認会計士・米国公認会計士・税理士・米国税理士
福留聡事務所代表

慶應義塾大学商学部卒。監査法人トーマツ、あずさ監査法人勤務後、独立。主に上場企業の決算支援、IFRS導入支援、国際税務などを得意としている。著書に『7つのステップでわかる 税効果会計実務入門』(2014年10月税務経理協会)、『公認会計士・税理士・米国公認会計士・米国税理士 資格取得・就職・転職・開業ガイドブック』(2014年11月税務経理協会)、『経理業務を標準化する ワークシート活用ガイド』(共著、2013年10月、中央経済社)、『7つのステップでわかる 税効果会計実務完全ガイドブック』(2016年4月税務経理協会)。また、(社)日本士業協会よりIFRS、日米税務等DVD36巻を刊行している。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP