出張費精算を効率化するには? | Cloud Payment 公式ブログ

出張費精算を効率化するには?

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

出張コストを削減させる方法に「BTM」というサービスがあるのはご存知ですか?
BTMとは、「Business Travel Management」の略で、旅行会社が企業の出張手配業務を受注し、出張費の削減、管理や危機管理などを一元管理するサービスです。BTMは欧米由来のサービスで、アメリカでは出張の発生する企業は「BTMを導入するのは当たり前」という考えが根付いていますが、日本ではまだ認知度はそんなに高くないようです。

経費精算(出張費精算)を効率化するには?_01

出張費精算、大変ですよね…

経理にとって経費の精算は非常に煩雑な作業ですよね。給料賃金、接待交際費…そのなかでも特に多くの方が精算に苦労しているのがボリュームの多い旅費交通費の部門だと思います。
入力されたデータと領収書の内容が合わなかったり、領収書が添付されていなかったり、期限までに精算処理をしてくれなかったり…そんなことにあなたは煩わされていませんか?

BTMサービスを導入するメリットとは?

BTMサービスを利用すると、出張者はプラットフォーム上から航空券や新幹線などのチケットを予約し、旅行会社が予約された内容に関して月末に締めて企業に対し一括請求します。そのため出張のたびに発生する立替や仮払い精算処理から解放されるようになります。出張する側も精算処理を行う経理側も、出張のたび発生する処理がなくなれば楽になりますよね…
請求書も出張費の項目で一括して送られてくるため、今まで出張費にいくら使っているか把握していなかったり、どの部署が出張費をどれくらい使っているかわからない企業でも出張費の見える化が可能になります。
また、旅行会社が提供しているサービスのため、チケット代が普通に買うよりも安くなるので、出張経費を削減したい企業にとっても導入することのメリットは高そうです。

経費精算(出張費精算)を効率化するには?_02

オススメのBTMサービスは?

日本でBTMサービスを提供している会社はいくつかありますが、国内航空券を多く利用する企業に一番オススメしたいのは株式会社エボラブルアジアが提供している「旅Pro-BTM」です。
「旅Pro-BTM」ではJAL/ANA/SKY/SFJ/FDA/SNA/ADOの計7社を1つの画面で横断検索できるため比較検討が非常にしやすく、また日時変更が無料で可能なオリジナル国内航空券を提供しているため、間際での予約や変更が多い出張が多い企業でも航空券料金を大幅に削減することができます。
国内航空券以外にも、新幹線・在来線特急、パック(航空券+宿泊)、ホテル、レンタカーも取扱いがあるため品揃えが多いのも特徴です。
また多くのBTMサービスが導入費もしくは月額費用がかかるなか、このサービスは導入費と月額費用ともに無料となっています。
請求書、利用明細もエクセルデータと原本が送られてくるのでプロジェクトごとの経費の振り分けや部署ごとでの出張費の管理が簡単になるのも高ポイントですね。

下記より「旅Pro-BTM」の資料がダウンロードできるので是非一読してみてください。

ダウンロードはこちらから

<問い合わせ先>
株式会社エボラブルアジア
オンライン旅行事業部 BTM営業グループ
電話:03-3431-6284

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP