経理業務における「Excel」活用術 | Cloud Payment 公式ブログ

経理業務における「Excel」活用術

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

経理業務における「Excel」活用術

経理業務における「Excel」活用術

代表的な表計算ソフトである「Microsoft Excel」は、経理業務にも上手に役立てたいところです。経理担当者が知っておきたいExcelの活用術をご紹介します。

Excelを経理業務で利用する方法

Excelを経理業務で利用する方法としては、主に下記のような方法が挙げられます。

・会計ソフトへインポートするデータを提供する。
多くの方は経理業務に会計ソフトを利用していると思われますが、ほかのソフトから会計ソフトにデータを取り込む際にCSVデータを利用するケースが多々あります。ExcelのデータはCSVファイルとして出力が可能なため、簡単に会計ソフトへインポートすることができます。

・部門単位の損益計算書を作成するための会計データを提供する。
意思決定に必要な情報を得るためには、全社単位での損益計算書から部門単位の損益計算書を作成することでブレイクダウンして損益計算書を展開していくことでより詳細な原因分析が可能になります。
そこで、部門単位の損益計算書を作成する際にExcel機能でピポットテーブルを利用し、会社全体の損益計算書から部門単位の損益計算書、勘定科目から補助科目、摘要へブレイクダウンすることができます。

・詳細な仕訳データ、加工しやすいデータを保有する。
組織管理者に対して詳細な情報を提供するために詳細な仕訳データ、加工しやすいデータを保有することで、より詳細な原因分析が可能になります。
そのため、合算された仕訳を分解するのでなく、詳細な細かい仕訳、情報をデータで保有することが必要になります。

経理担当者が覚えておきたいExcelの関数機能

経理業務における「Excel」活用術

経理業務を効率化するために覚えておきたいExcelの関数機能は主に以下のようなものが挙げられます。

VLOOKUP
= VLOOKUP (探索値,範囲,列番号,検索方法)
VLOOKUPは、指定した範囲の中から検索条件に一致したデータを検索し、取り出してくれる関数です。

IF
IF= IF(論理式, TRUE の処理, FALSE の処理)
IF関数は、特定の条件によって返す値を変えたい時に使います。

SUM
=SUM(範囲)
セルの範囲に含まれる数値をすべて合計します。

SUMIF
=SUMIF(範囲,条件,集計範囲)
指定した範囲に含まれるセルのうち、条件に一致するセルに対応する集計範囲の数値を合計します。

ピポットテーブル
ピボットテーブルは、Excelで2つ以上の項目についてデータの集計を行う集計方法です。

以上、経理担当者が知っておきたいExcelの活用術をご紹介しました。
参考にして日々の経理業務にExcelを上手に活用してください。

この記事の著者紹介

hukudome
福留 聡(ふくどめ さとし)
公認会計士・米国公認会計士・税理士・米国税理士
福留聡事務所代表

慶應義塾大学商学部卒。監査法人トーマツ、あずさ監査法人勤務後、独立。主に上場企業の決算支援、IFRS導入支援、国際税務などを得意としている。著書に『7つのステップでわかる 税効果会計実務入門』(2014年10月税務経理協会)、『公認会計士・税理士・米国公認会計士・米国税理士 資格取得・就職・転職・開業ガイドブック』(2014年11月税務経理協会)、『経理業務を標準化する ワークシート活用ガイド』(共著、2013年10月、中央経済社)、『7つのステップでわかる 税効果会計実務完全ガイドブック』(2016年4月税務経理協会)。また、(社)日本士業協会よりIFRS、日米税務等DVD36巻を刊行している。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP