支払い方法で変わる、ユーザーの購入意欲

支払い方法で変わる、ユーザーの購入意欲

[記事更新日]

Facebook にシェア
Pocket

支払い方法で変わる、ユーザーの購入意欲

支払い方法で変わる、ユーザーの購入意欲

オンラインショップを立ち上げる際、支払い方法をどうすべきかというのは誰しもが頭を悩ませるところ。
「最初は口座振り込みのみで」
「商品発送時に払込票を送付する方法で」
など、比較的導入しやすい方法一本で始めようと考える方もいるかもしれません。しかし、支払い方法選びは売上を左右する重要なポイント。お客様の立場に立って考えるのが大切です。

希望の支払い方法がないと購入しない人は多い!

2014年に行われたアンケート調査※によると、オンラインショッピングで希望の支払い方法がなかった場合に「そのサイトでの購入はやめ、他のサイトや店舗で購入したことがある」と回答した人が31.2%を占めました。

「そのサイトで、希望とは異なる支払方法で購入したことがある」と答えた人は23.7%となっており、希望しない支払い方法を選ぶ人よりもそのサイトでの購入を辞めてしまう人の方が多いことがわかります。

せっかくサイトを訪れて購入手前までアクセスしてくれたお客様を、希望の支払い方法がないという理由で逃してしまうのは残念なことです。できるだけ多くのお客様のニーズに応えられるよう、複数の支払い方法を用意しておくのが大切だと言えるでしょう。

※マイボイスコム調べ

どんな支払い方法を用意すべき?

支払い方法で変わる、ユーザーの購入意欲

では、オンラインショップとしては、具体的にどういった支払い方法を用意しておけば良いのでしょうか。お客様ニーズの高い主な支払い方法の種類と特徴をご紹介します。


先述のアンケート調査で、直近1年間のオンラインショッピングでの支払い方法として最も多かったのが「クレジットカード」で84.0%を占めました。クレジットカード決済は、その場で支払いを完了させることができて24時間いつでも支払いが可能な点がお客様にとって大きな魅力となります。オンラインショップにとって導入必須な決済手段だと言えるでしょう。


クレジットカード決済は人気が高いですが、クレジットカードを持っていない人やネットでの使用に抵抗を感じる人もいます。そうした人たちを中心に昨今人気を集めているのがコンビニ決済です。
こちらも、コンビニエンスストア店頭で24時間いつでも支払いできる便利さが人気の理由です。
払込票を持参して支払いを行う方式と、受付番号を発行して店頭の端末などで支払いを行うペーパーレス方式があります。

・代引決済
商品配送時、宅配業者に代金を支払う方式の代引き決済。お客様にとっては、配送の日時に在宅である必要がある、事前に現金を用意しておく必要があるなどの制約がある一方、商品を確認してから支払いできるという安心感もあります。
主婦層やシルバー層など、在宅時間の長い層に人気が高いので、これらの層をターゲットとしている商品であれば導入を検討するのが良いかもしれません。

これらのほかにも、電子マネー決済や携帯キャリア決済など多用な決済方法があります。取扱い商品や主なターゲット層に合わせて、複数の支払い方法をお客様に選んでいただけるよう用意しておくことをおすすめします。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP