学校運営にはカード決済!決済代行でできること

学校運営にはカード決済!決済代行でできること

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

学校運営にはカード決済!決済代行でできること

学校運営にはカード決済! 決済代行でできること

昨今、決済方法の見直しを行う私立や国公立の学校および教育機関が増えています。
学校ではさまざまな集金が発生し、集金管理方法が煩雑になっていることが多いもの。
保護者の利便性を向上するとともに、集金の現場の効率化を実現していくことは学校法人にとって大きな課題となっていると言えるでしょう。

学校運営で発生する主な集金業務

学校や教育機関の運営では、さまざまな集金業務が発生します。
学校運営で発生する主な集金業務にはどのようなものがあるのかを見てみましょう。

・入学金
入学手続きを行う際に集金します。推薦入試での合格者と一般入試の合格者で納入時期が異なるケースもあります。

・授業料
納入時期は年1回から数回など、学校によってさまざまです。保護者が一括か分割かを選べるようにしているケースもあるでしょう。また、学部や学科ごとに徴収方法が異なる場合なども。

・入学検定料(受験料・出願料)
入学試験・編入試験の受験者から集金します。推薦入試と一般入試の時期が異なったり、入試の方式により金額が異なったりと複雑になるケースが多いです。

・教材費、給食費、積立金
小中学校や高校では、教材を学校で一括購入し代金を徴収するケースが多いでしょう。給食制の場合は給食費も月々集金するのが一般的です。
また、修学旅行や学校行事などの費用を毎月積立金として集金しているケースも多いでしょう。これらの集金に関しては、集金袋を使用して現金で受け渡しする方法を採っている学校も少なくありません。

・学会費、国際会議参加費
大学や大学院では、学生の学会費や国際会議参加費を徴収する必要があるケースもあります。

・同窓会費
同窓会費を学校が代理徴収することになっているケースは多いです。

・寄付・基金
学校内外の教育・研究活動を推進するための寄付金や基金の納入を任意で受けている学校も多いでしょう。

学校運営にはカード決済! 決済代行でできること

以上のように、学校運営ではさまざまな集金が必要になります。しかし、多くの学校および教育機関では、現金受け渡しや口座振り込みなど従来どおりのアナログ的な集金管理方法を行っているのが現状です。業務の煩雑さや問題を感じながらも、最適な決済方法がわからないまま非効率な作業を繰り返し行っているのです。
Cloud Paymentでは学校・教育機関でのさまざまな集金ニーズに応えるため、「学校・教育機関向け決済プラン」をご用意し、柔軟な自動課金システムの導入、留学生向け海外集金ソリューションなど低コストかつ豊富なサービスで学校運営をサポートしていきます。
集金業務の効率化を検討している学校法人様はぜひご検討ください。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP