「クレジットカード決済導入」に必要なこととは

「クレジットカード決済導入」に必要なこととは

[記事更新日]

Facebook にシェア
Pocket

「クレジットカード決済導入」に必要なこととは

「クレジットカード決済導入」に必要なこととは

実店舗でもオンラインショップでも人気のクレジットカード決済。日本のクレジットカード利用率は海外に比べると低めではありますが、利便性の高さやポイント還元のお得さなどから積極的に利用する人は少なくありません。特にオンラインでの支払いでは、クレジットカードは最も利用されている決済手段です。ネットでの商品・サービス販売を行う場合にはクレジットカード決済の導入は必須であると言えるでしょう。
消費者にとって手軽で利便性の高いクレジットカード決済ですが、事業者にとってその導入は手軽にできるものとは言えません。
クレジットカード決済を導入する際にどのようなことが必要になるのかについてご紹介します。

クレジットカード会社と契約

クレジットカード決済を導入するためには、まずはクレジットカード会社との加盟店契約が必要になります。

加盟店契約に対するクレジットカード会社の審査基準は厳しく、個人はもちろん法人でもさまざまな基準を確認され、審査に通るのが難しいケースも多いのが現実です。

また、仮に一社との契約にこぎつけることができたとしても、それで使えるようになるクレジットカードはそのブランドのカードのみ。国際5大ブランド(VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club)のカードすべてを利用可能にするためには各カード会社と個別に契約を結ぶ必要があります。

決済システムの構築

クレジットカード決済を導入するためには、決済処理を行うためのシステムも必要になります。

膨大な決済処理を滞りなく行うのはもちろん、十分なセキュリティ対策が組み込まれたシステムであることも必須です。

こうしたシステムを独自で開発および運用していくには、コスト・時間ともにかなり必要になるでしょう。

決済代行会社を利用すれば簡単、低コスト!

「クレジットカード決済導入」に必要なこととは

以上のように、クレジットカード決済の導入に必要な「カード会社との契約」「決済システムの構築」には多大な労力と時間がかかります。
個人など小規模な事業者にとってはあまり現実的ではないですよね。

そこで利用したいのが「決済代行会社」です。
決済代行会社を利用すれば、その一社との契約を行うだけで各種クレジットカードでの決済が可能になります。対応する決済システムについても、すでに開発済みのものをベースに構築・運用できるので安心です。

クレジットカード決済を導入するなら、決済代行会社を利用するのが現実的な方法だと言えるでしょう。

「クレジットカード決済」のサービスTOPページへ

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP