紙の雑誌の生き残りは「デジタル化」がカギとなる!?

紙の雑誌の生き残りは「デジタル化」がカギとなる!?

[記事更新日]

Facebook にシェア
Pocket

紙の雑誌の生き残りは「デジタル化」がカギとなる!?

紙の雑誌の生き残りは「デジタル化」がカギとなる!?

ネットでさまざまな情報を手に入れられるようになった昨今、紙の書籍の販売数は年々減少していると言われます。
中でも厳しいのが雑誌で、有名な雑誌媒体が休刊・廃刊になるケースも少なくありません。
そんな状況の中、注目され始めているのが雑誌の「デジタル化」です。
紙媒体の発行を終了して電子版へと移行する雑誌や、紙媒体と並行して課金制で電子版の配信サービスを始める雑誌が増えています。

ネットの普及が雑誌低迷の一因に

雑誌は、さまざまなテーマについての記事を一冊に寄せ集めたもの。時節に合った最新の情報を得られることなどがその大きな魅力の一つです。

しかし、そんな雑誌の魅力は、ウェブサイトと共通する部分が多いと言えます。老若男女さまざまな人がウェブサイトを閲覧するのが当たり前になった今、「あえて(紙の)雑誌を購入する」必要性が薄れてきているのです。
これは、昨今の雑誌販売に見られる低迷の大きな原因の一つだと考えられています。

デジタル化に活路を見出す

紙の雑誌の生き残りは「デジタル化」がカギとなる!?

こうした状況の中、電子版に活路を見出す雑誌が増えるのは当然の動きだと言えるでしょう。

雑誌はウェブと共通する部分が多いとは言え、異なる部分も少なくありません。例えば、一つのテーマに沿って編集された記事をパラパラと眺めながら拾い読みできるのは雑誌ならでは。ウェブの豊富な情報は、検索には向いていますが、一覧には向いていません。

また、タブレットや電子書籍リーダーなどの普及で、電子書籍を好む人がじわじわ増えてきているという背景もあります。

電子版の雑誌は、これらの層にとって親しみやすい上に、ウェブサイトとは異なる使いやすさを提供することが可能です。さらに、電子版を読んだユーザーが紙の雑誌に興味を持って購入するきっかけになる可能性もあるのです。

オンラインでのコンテンツ配信方法は?

電子版の配信および課金方法は、現在、さまざまな方法が模索されている途上だと言えるでしょう。

紙媒体の発行を停止して、新たに電子媒体として配信する。
紙媒体と並行して、同じ内容の電子媒体を配信する。
紙媒体の一部の記事のみを電子版として有料配信する。

などといった具合です。
どういった方法が最適であるのかは、その雑誌のターゲット層や内容、テーマなどによっても変わってくると考えられます。

ROBOT PAYMENTでは、定期購読に適したクレジットカードの自動継続課金をはじめ、さまざまな配信方式に合わせた決済手段をご提案しております。
雑誌のデジタル化をご検討の際には、ぜひご相談ください。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP