決済代行会社の「国内決済」と「海外決済」どちらがいいの?

決済代行会社の「国内決済」と「海外決済」どちらがいいの?

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

決済代行会社の「国内決済」と「海外決済」どちらがいいの?

決済代行会社の「国内決済」と「海外決済」どちらがいいの?

決済代行会社によるクレジットカード決済の方法は、大きく「国内決済」と「海外決済」の2種類に分けることができます。
クレジットカード決済を導入しようとする時、どちらの方法を採用している決済代行会社を選ぶのが良いのでしょうか? 国内決済と海外決済とはどのようなもので、どんな違いがあるのかについてお伝えします。

国内決済と海外決済とは

国内決済とは、国内のクレジットカード会社と契約している決済代行会社による決済です。国内決済の場合、クレジットカード決済の情報は、国内の金融機関を経由してクレジットカード会社に届き処理されることになります。

海外決済は、海外のクレジットカード会社と契約している決済代行会社による決済です。海外決済では、決済情報が海外の金融機関を経由して処理されます。このため、お客様のカード決済明細書には、海外の金融機関名が掲載されます。

クレジット審査の厳しさが大きな違い

決済を導入する場合、国内決済と海外決済では何が変わってくるのでしょうか?
大きな違いとして、まず挙げられるのが「クレジットカード会社による審査の厳しさ」です。

2009年に信用取引に関する法律である「月賦販売法」および「特定商取引法」が改正され、国内のクレジットカード会社による審査基準が厳しくなりました。国内決済の場合、業種や事業規模、提供する商品・サービスの種類によっては審査に通りづらい面があります。

一方、海外のクレジットカード会社は国内の法律の規制を受けないため、海外決済では比較的審査基準が甘く、国内のクレジット審査に通りづらいケースでも契約しやすいのが特徴です。

審査通過後は国内決済が有利!

有価証券を売買する際の会計処理のポイント
審査通過しやすさの点では海外決済が上ですが、審査を通過した後のランニングコストや利便性については、国内決済が断然有利になります。

例えば、利用できるクレジットカードのブランド。国内決済では5大ブランドすべてに対応しているのが一般的ですが、海外決済では一部しか対応していないことがほとんど。また、国内決済で可能な分割払いやボーナス払いなどについても海外決済は対応しておらず、一括払いのみとなります。

決済手数料率にも差があります。国内決済では3%後半~6%であるのに対して、海外決済では7%~10%とかなり割高です。加えて、国内決済の利用にデポジットは不要ですが、海外決済では売上の10%のデポジットを支払うのが一般的です。

審査通過後のことを見越して考えるのであれば、断然、国内決済の決済代行会社を利用するのがオトクだと言えます。

先にもお伝えしたように、国内のクレジットカード会社の審査が厳格なのは事実です。業種、業態、事業規模などに不安があるという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、決済代行会社はさまざまなケースに対するノウハウを持っています。まずは一度、相談してみることをおすすめします。

「クレジットカード決済」のサービスTOPページへ

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP