決済代行サービスを利用するメリットとは? | Cloud Payment 公式ブログ

決済代行サービスを利用するメリットとは?

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

決済代行サービスを利用するメリットとは?

決済代行サービスを利用するメリットとは?

オンラインショップを立ち上げる際には、クレジットカード決済やコンビニ決済など複数の決済手段を導入することになります。この場合、それぞれの決済機関と個別に契約して導入するのは、あまり現実的とは言えません。
決済の導入には、決済代行サービスの利用をおすすめします。
決済代行を利用するメリットについてお伝えします。

決済代行サービスってどんなもの?

決済代行サービスとは、文字通り「」に必要な業務を代行するもの。決済代行会社と契約するだけで、複数の決済手段とシステムを一括で導入できるサービスです。

決済代行サービスを利用せずに決済導入するには、クレジットカードの各ブランドやコンビニ各社それぞれと個別に契約する必要があります。しかし事業の規模や業種などによっては契約が難しく、場合によっては法人でも契約できないこともあるのが現実です。

仮に契約できたとしても、カード会社やコンビニによって締日や入金日が異なり、代金回収のための事務処理が煩雑になってしまいます。また、売り上げ管理のためのシステムなども独自に準備することになります。

これらの業務を、事業者に代わって行ってくれるのが決済代行サービスなのです。

決済代行サービスを利用するメリットとは

決済代行サービスを利用するメリットとは?
決済導入にあたって決済代行サービスを利用する主なメリットとして、以下のようなものが挙げられます。

・一括契約でスムーズに決済導入できる

決済代行会社と契約するだけで、複数の決済手段を一括で導入することができるため、個別契約にかかる手間やコストを削減できます。また、各決済機関(クレジットカードブランド各社やコンビニ各社)による審査についても、決済代行サービスを通じて申請することでスムーズに通過しやすくなります。

・独自のシステム開発が不要

決済代行サービスでは多数の決済システムをまとめて利用できる、高セキュリティなシステムが提供されます。さまざまな決済機関に接続するためのシステム開発を独自に行う必要がなく、開発コスト削減につながります。

・経理および事務作業の手間を少なく

複数の決済を個別に導入すると入金タイミングが別々になりますが、決済代行サービスを利用する場合は入金を一本化することができ、経理処理の手間が少なくなります。
また、利用するすべての決済をまとめて管理できるツールが提供されるの一般的なので、事務作業の効率も上がるでしょう。

以上、オンラインショップで決済代行サービスを利用するメリットについてご紹介しました。決済導入を検討する際の参考にしてください。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP