知っておきたいクレジットカード番号の基礎知識 | Cloud Payment 公式ブログ

知っておきたいクレジットカード番号の基礎知識

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

知っておきたいクレジットカード番号の基礎知識

知っておきたいクレジットカード番号の基礎知識

クレジットカードの表面に記載されている「クレジットカード番号」。
オンラインでのクレジットカード決済の時には、有効期限とともに必ず入力することになる、クレジットカード情報の要とも言える数字です。
この数字には、実はいろいろな意味があって決まっていることをご存知でしょうか?
今回は、クレジットカード番号を取り扱う人なら知っておきたい、クレジットカード番号の基礎知識をお伝えします。

16桁の数字であるとは限らない!?

クレジットカード番号と言えば、4桁の数字が4つ並んだ16桁の数字を思い浮かべる方が多いでしょう。国際ブランドのうち日本での利用者が多いVISA、Master Card、JCBの3社のクレジットカード番号はすべてこの形になっているので、16桁に決まっているものと思っていた方も多いのではないでしょうか。

しかし、実は国際ブランドによってクレジットカード番号の桁数は異なります。American Expressは4桁+6桁+5桁の15桁、Diners Clubは4桁+6桁+4桁の14桁で表示されています。

最初の6桁でブランドと発行会社がわかる

American ExpressとDiners Clubは桁数を見るだけで国際ブランドがわかりますが、桁数が同じ16桁の国際ブランドであっても、数字を見ることで国際ブランドやカード発行会社がわかるようになっています。

クレジットカード番号の最初の6桁は「発行者識別番号(IIN:Issuer Identifier Number)」と呼ばれ、国際ブランドやカード発行会社によって数字が割り当てられています。

国際ブランドで言えば、

VISA:最初の1桁が「4」
JCB:最初の2桁が「35」
MasterCard:最初の1桁が「5」
Diners Club:最初の2桁が「36」
American Express:最初の2桁が「34」もしくは「37」

などといった具合です。

7桁目以降の意味は?

知っておきたいクレジットカード番号の基礎知識

最初の6桁が発行会社を識別するための番号ならば、それ以降の番号についてはどういった意味があるのでしょうか。

7桁目から最後の数字の一つ手前までの数字は、「会員口座番号」となっています。この部分が個人を識別するための番号で、カード所持者ごとに異なる特有の数字ということになります。

そして、カード番号の最後の数字にもまた重要な役割があります。
この数字は「チェックデジット」と呼ばれ、入力(読み取り)されたカード番号が正しい数列かどうかを計算するためのものです。カード番号を入力する時に1桁誤った数字を入れてしまった場合などは、チェックデジットから算出した数字と合わずエラーとなる仕組みです。

以上、クレジットカード番号の見方についてお伝えしました。
単純に数字が並んでいるように見えるクレジットカード番号には、実はいろいろな意味があることをおわかりいただけたかと思います。すべての数字の割り当てを頭にいれる必要はありませんが、どの部分が何を示しているのかなど基本的なことについては覚えておくと良いでしょう。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP