欠損金の繰越控除制度の見直しでどうなる? | Cloud Payment 公式ブログ

欠損金の繰越控除制度の見直しでどうなる?

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

欠損金の繰越控除制度の見直しでどうなる?

欠損金の繰越控除制度の見直しでどうなる?

平成27年度に欠損金の繰越控除制度が見直されることで会社や経理にはどんな影響があるのでしょうか。また欠損金の繰越控除制度の概要についても説明します。

欠損金の繰越控除制度

過去の事業年度において生じた欠損金を発生事業年度の翌事業年度以降に繰り越し、課税所得金額から控除する制度のことをいいます。
繰越欠損金が2以上の事業年度において生じている場合には、最も古い事業年度において生じたものから順次損金算入をします。
欠損金の繰越控除をする法人は、欠損金額が生じた事業年度において青色申告書である確定申告書を提出し、かつ、その後の各事業年度について連続して確定申告書を提出している法人です。
なお、欠損金額が生じた事業年度において青色申告書である確定申告書を提出していれば、その後の事業年度について提出した確定申告書が白色申告書であっても、この繰越控除の規定が適用されます。

欠損金の繰越控除制度の改正点

欠損金の繰越控除制度の見直しでどうなる?

平成27年度税制改正により、平成29年4月1日以後に開始する事業年度において生ずる欠損金額の繰越期間はこれまでの9年から10年に改正され、これに対応し、青色申告書を提出した事業年度の欠損金の繰越控除制度の適用に係る帳簿書類の保存要件における保存期間も10年(現行:9年)に延長されています。
なお、中小法人等以外の法人の各事業年度における上記の控除限度額は、繰越控除をする事業年度のその繰越控除前の所得の金額に対してそれぞれ次の率を乗じた金額とされています。
(1) 平成24年4月1日~平成27年3月31日開始事業年度・・・100分の80
(2) 平成27年4月1日~平成29年3月31日開始事業年度・・・100分の65
(3) 平成29年4月1日~開始事業年度・・・100分の50

中小法人等とは、普通法人のうち、資本金の額若しくは出資金の額が1億円以下であるもの(100%子法人等を除きます。)等をいい、欠損金の控除限度額はありません。
なお、平成28年度税制改正により、中小法人等以外の法人の各事業年度における上記の控除限度額は、繰越控除をする事業年度のその繰越控除前の所得の金額に対してそれぞれ次の率を乗じた金額に改正されています。
(1) 平成27年4月1日~平成28年3月31日開始事業年度・・・100分の65
(2) 平成28年4月1日~平成29年3月31日開始事業年度・・・100分の60
(3) 平成29年4月1日~平成30年3月31日開始事業年度・・・100分の55
(4) 平成30年4月1日~開始事業年度・・・100分の50

なお、平成28年度税制改正により、上記平成27年度税制改正において講じた欠損金額の繰越期間はこれまでの9年から10年の延長や青色申告書を提出した事業年度の欠損金の繰越控除制度の適用に係る帳簿書類の保存要件における保存期間等(平成29年4月1日施行)について、平成30年4月1日から施行し、同日以後に開始する事業年度において生ずる欠損金額について適用することとすると改正されています。

欠損金の繰越控除制度改正の会社や経理に与える影響

欠損金額の繰越期間の9年から10年への延長により、中小法人にとっては欠損金の控除限度額がないので有利に改正されていますので、欠損金の利用によるタックスプラニングに余裕が生まれます。
中小法人等以外の法人については、繰越期間の9年から10年への延長の一方で、欠損金の控除限度額があるため、欠損金の繰越期限切れに留意しつつタックスプランを作成する必要があります。
また、すべての法人とも、帳簿の保存期間も欠損金額の繰越期間の9年から10年への延長により、並行して9年から10年になりますのであわせて留意が必要です。

この記事の著者紹介

hukudome
福留 聡(ふくどめ さとし)
公認会計士・米国公認会計士・税理士・米国税理士
福留聡事務所代表

慶應義塾大学商学部卒。監査法人トーマツ、あずさ監査法人勤務後、独立。主に上場企業の決算支援、IFRS導入支援、国際税務などを得意としている。著書に『7つのステップでわかる 税効果会計実務入門』(2014年10月税務経理協会)、『公認会計士・税理士・米国公認会計士・米国税理士 資格取得・就職・転職・開業ガイドブック』(2014年11月税務経理協会)、『経理業務を標準化する ワークシート活用ガイド』(共著、2013年10月、中央経済社)、『7つのステップでわかる 税効果会計実務完全ガイドブック』(2016年4月税務経理協会)。また、(社)日本士業協会よりIFRS、日米税務等DVD36巻を刊行している。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP