【不正利用防止】クレジットカードの「セキュリティコード」とは | Cloud Payment 公式ブログ

【不正利用防止】クレジットカードの「セキュリティコード」とは

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

【不正利用防止】クレジットカードの「セキュリティコード」とは

【不正利用防止】クレジットカードの「セキュリティコード」とは

オンラインショップのクレジットカード決済では、不正利用によるチャージバック発生のリスクがあります。ショップ側としては、できる限り不正利用を防止する策を講じておく必要があるのです。

そんな不正利用防止策の一つとして導入すべきものに、「セキュリティコード」があります。今回は、クレジットカードのセキュリティコードとはどういったものなのかについてご紹介します。

クレジットカードのセキュリティコードとは

セキュリティコードは、クレジットカードの不正利用防止のために用いられる3桁もしくは4桁の数字のことを言います。

国際ブランドによって桁数や表示箇所が異なりますが、基本的にはカードに記載されています。VISA、MasterCard、Diners Club、JCBはカード裏面の署名欄に記載された数字のうち右3桁、AmericanExpressはカード表面の右側に記載された4桁の数字がそれぞれセキュリティコードになります。

セキュリティコードによる本人認証の仕組み

【不正利用防止】クレジットカードの「セキュリティコード」とは

セキュリティコードはカードに記載されていますが、磁気ストライプやICチップには記録されていません。このため、スキミングなどの被害にあった場合にも、セキュリティコード情報は盗まれません。
また、カード番号や有効期限の情報が流出した場合にも、カード自体を持っていなければセキュリティコードはわかりません。
このことを利用して、カード利用者が本人であることの確認を行うのがセキュリティコードの仕組みです。
決済時にカード番号と有効期限に加え、セキュリティコードの入力を必須とすることで、なりすましや不正利用の防止につながるのです。

3Dセキュアなどとの併用が望ましい

以上のように、セキュリティコードはクレジットカードの不正利用を防ぐために有効な手段であると言えます。

しかし、これだけで万全かと言えばそうではありません。例えば利用者がフィッシングサイトなどでセキュリティコードを入力してしまえば、カード番号や有効期限とともにセキュリティコードの情報が流出し、その情報をもとに不正利用が行われる可能性もあります。

クレジットカード会社を介して本人認証およびサイト認証を行う「3Dセキュア」など、ほかのセキュリティ対策と組み合わせることで、より高度なセキュリティを実現するのが望ましいと言えるでしょう。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP