コンビニでのペーパーレス決済とは? | Cloud Payment 公式ブログ

コンビニでのペーパーレス決済とは?

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

コンビニの端末で!「ペーパーレス決済」のメリット

コンビニの端末で!「ペーパーレス決済」のメリット

コンビニエンスストアが私たちの生活に密着した存在になるにつれ、コンビニ決済も広く利用されるようになりました。商品やサービスの購入代金はもちろん、近年では公共料金や税金などもコンビニで支払うことが可能となっています。
コンビニ決済と言えば、店頭に払込票を持参して支払う方法を思い浮かべる方が多いかと思いますが、実は払込票を使わない「ペーパーレス決済」という方法もあることをご存知でしょうか?
今回は、コンビニでのペーパーレス決済についてご紹介します。

コンビニでの「ペーパーレス決済」とは?

「ペーパーレス」と言われてもピンと来ないかもしれませんが、ネットなどで予約したチケットをコンビニで発券した経験のある方は多いのではないでしょうか?
コンビニでのチケット発券時などに多く用いられている決済方法がペーパーレス決済です。

ペーパーレス決済では、消費者がWebサイトなどで予約を行うと受付番号が発行されます。その後、コンビニ店舗にある端末に受付番号を入力する、もしくはレジで店員に伝えるなどといった方法で支払いを行うことができるのです。

ペーパーレス決済のメリット

コンビニの端末で!「ペーパーレス決済」のメリット

コンビニでのペーパーレス決済の導入には、以下のようなメリットがあります。

・消費者のニーズに応える
ペーパーレス決済に限らずコンビニ決済の特徴として、24時間年中無休のコンビニの店頭で支払いできることが挙げられます。利用できる曜日や時間帯に制限がないためいつでも支払いを行えるのが便利で、多くの消費者に支持される決済方法であると言えます。また、クレジットカードを持たない人やネットでのクレジットカード利用に抵抗がある人にも好まれるのがコンビニ決済です。コンビニ決済の導入で、幅広い消費者のニーズに応えるとともに、支払いの遅延リスクを減らすことにつながるでしょう。

・前払いの決済に対応しやすい
払込票による決済は、商品とともに払込票を送付する後払い方式が一般的です。これに対してペーパーレス決済では入金をほぼリアルタイムで確認することができるため、入金確認後に商品やサービスを提供する前払い方式に対応しやすいというメリットがあります。先に例として挙げたチケット販売をはじめ、オンラインでのさまざまなサービス、商品販売の販売に便利に利用することができます。

・払込票の発行コストをカットできる
払込票を発行するための印刷費用などがかからないのも特徴です。未払いなどで再請求する際にもペーパーレスでの対応となるため、印刷・郵送コストの削減に役立ちます。また、地球環境にも優しいと言えるでしょう。

以上、コンビニでのペーパーレス決済についてご紹介しました。Cloud Paymentが提供する「コンビニ決済」はペーパーレスに対応しております。最近では払込票よりペーパーレスの方が人気が高いので、この機会にぜひペーパーレス決済を検討してみてはいかがでしょうか。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP