クレジットカード決済の安全性を高める「3Dセキュア」とは | Cloud Payment 公式ブログ

クレジットカード決済の安全性を高める「3Dセキュア」とは

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

クレジットカード決済の安全性を高める「3Dセキュア」とは

クレジットカード決済の安全性を高める「3Dセキュア」とは

オンラインショップなどでは、クレジットカード番号と有効期限が分かれば、本人以外でも利用できてしまうのが一般的です。こうしたカードの不正利用によるチャージバック(承認済み売上の取り消し)は、オンラインショップなど加盟店にとって大きな痛手となります。

成りすましや不正利用によるチャージバックを防ぐ対策の一つが、「3Dセキュア」です。今回は、3Dセキュアとはどういったものなのかについてご紹介します。

3Dセキュアとは

3Dセキュアは、VISAが開発したインターネットでのクレジットカード決済を安全に行うための認証方式です。国際ブランドではVISA、MasterCard、JCB、American Expressが3Dセキュアに対応した本人認証サービスを以下の名称で提供しています。

・VISA:VISA認証サービス
・MasterCard:MasterCard SecureCode
・JCB:J/Secure
・American Express:American Express SafeKey

3Dセキュアの仕組み

クレジットカード決済の安全性を高める「3Dセキュア」とは

3Dセキュアの「3D」とは、以下の3つのドメイン(領域)を意味します。

・イシュアドメイン:カード発行会社(イシュア)がカード使用者の本人認証を行う
・アクワイアラドメイン:契約管理会社(アクワイアラ)が加盟店の認証を行う
・相互運用ドメイン:上記ドメイン間で取引データの受け渡しを行う

上記の3つの領域によってカード利用者と加盟店双方が、互いを確認し合うことができるのが3Dセキュアの基本的な仕組みです。

具体的には、カード利用者がカード発行会社に対してあらかじめパスワードとパーソナルメッセージを登録します(パスワードは自分で設定するのではなく取得するサービスもあります)。

クレジットカード決済時には、カード番号や有効期限を入力した後、利用者が登録したパーソナルメッセ―ジの表示とともにパスワード入力が求められ、このパスワードを入力・送信することでクレジットカード決済が完了するというものです。

3Dセキュアを導入するメリット

3Dセキュア対応サービスを利用することで、カード利用者と加盟店双方にメリットがあります。

カード利用者はパーソナルメッセージの表示によって、決済を行うサイトが正しいサイトであるかどうかを判断することができます。これは、フィッシングサイト被害などのリスクを軽減することとなるでしょう。
また、カード情報の盗用による不正利用のリスクも少なくなります。

加盟店は、カード利用者が本人であることを確認した上で取引を行うことができるため、不正利用を防ぐことに役立ちます。
チャージバックのリスクを避けるためにも、オンラインショップには3Dセキュアの導入を検討するのが望ましいと言えるでしょう。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP