法人間で選ばれている決済手段ランキング | Cloud Payment 公式ブログ

法人間で選ばれている決済手段ランキング

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

法人間で選ばれている決済手段ランキング

法人間で選ばれている決済手段ランキング

決済手段というと、B2Cすなわち企業と一般消費者間での取引に関する話題だと考えられがちです。しかし現在ではB2Bすなわち法人間の取引においても、決済手段は多様化してきている状況です。これからは法人間でも取引先に応じてさまざまな決済手段に対応することが求められるようになってくるでしょう。

現在、法人間取引ではどういった決済手段が選ばれているのでしょうか?
それぞれの決済手段を法人間で利用する際の特徴やメリット、デメリットは?
法人間で多く利用されている決済手段をランキング形式でご紹介します。

1位:銀行振込

現在、法人間取引の主流となっている決済手段は、やはり「銀行振込」です。
どんな企業でも一般的に法人名義で銀行口座を開設しているため、銀行振込はさまざまな法人間取引に対応できる方法だと言えるでしょう。

広く対応できる決済手段である一方で、銀行の法人向けサービスは個人向けサービスに比べて振込手数料が高いため、負担が大きいという一面があります。

銀行窓口以外にもATMやオンラインバンキングなどを利用して振込が行えるのは便利ですが、銀行窓口へ出向く必要がある場合には時間帯が限られることになります。

また、支払いを受ける側の企業にとっては、「消し込み作業」と呼ばれる入金確認作業が煩雑で、経理担当者の負担が大きいとされています。

しかしながら、その負担を解決できる仕組みがあります。 各取引先にIDを付与して入金ごとに紐付けを行う「バーチャル口座」という仕組みです。まだ一般的には広く知られておりませんが、このバーチャル口座を活用すると、入金消し込みが大幅に効率化されます。銀行振込の入金確認にお困りの場合は、是非検討してみましょう。

2位:口座振替

指定の口座から毎月自動で引き落としが行われる「口座振替」も、法人間取引に利用されることが多い決済手段です。特に、定額での取引が毎月発生する場合などに便利だと言えるでしょう。

口座振替を法人間取引の決済に利用するメリットとしては、まずは支払う側の作業軽減が挙げられます。銀行振込のように窓口等へ出向いたり、金額を指定して振り込んだりといった作業を行う必要がなく自動で口座から引き落としが行われるので、経理担当者の時間や手間を減らすことができます。
支払い忘れや遅延などを防止することにもなり、これは支払う側、支払いを受ける側双方にとってのメリットであると言えるでしょう。

ただし、継続的な取引など、利用できる取引は限定されます。また、請求明細の発行が必要になる場合、後日対応となることも覚えておきたいところです。一般的に口座振替をより便利に簡単に行う「口座振替プラス」で、スケジュール管理、請求明細の自動発行、従量課金対応などより経理の負担を削減する手段もございます。

3位:クレジットカード決済

法人間で選ばれている決済手段ランキング

クレジットカード決済は特に「B2Cでの決済手段」という印象が強いと思います。実際、日本の法人間取引ではこれまでクレジットカードはあまり利用されてきませんでした。
しかし、2014年にVisaがB2B専用決済システム「Visa Business Pay(ビザ ビジネスペイ)」のサービス提供を開始したのを皮切りに、ここ数年で法人間のクレジットカード決済サービスが増え、注目を集めています。

法人間クレジットカード決済は、特に多数の取引先に対して少額のサービスや商品を提供するような企業にとって便利な決済手段です。
支払いを受ける側にとっては、決済後の売上処理が簡単なことや、消し込み作業が楽なことがメリットであると言えます。
支払う側にとっては、銀行振込のように手数料がかからないことや、利用できる時間帯に制限がないこと、クレジットカードのポイント付与などといったメリットが挙げられるでしょう。

法人間の取引で選ばれている決済手段上位3つをご紹介しました。現在、CloudPaymentでは、上位3つの決済をまとめてお得に導入いただける「法人間決済まるごと導入プラン」をご用意しております。さまざまな取引先のニーズに対応できるように、また、経理処理の負担軽減のために、取引内容や規模に合わせた決済手段を選ぶ参考になさってください。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP