クレジットカードと何が違う?「デビットカード」の基礎知識 | Cloud Payment 公式ブログ

クレジットカードと何が違う?「デビットカード」の基礎知識

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

クレジットカードと何が違う? 「デビットカード」の基礎知識

クレジットカードと何が違う? 「デビットカード」の基礎知識

決済用のカードと言えばクレジットカードがおなじみですが、同じく決済用カードとして「デビットカード」という言葉を目にすることがあると思います。

決済用カードの一種であることは知っていても、具体的にどんな機能を持つカードなのかはよく知らないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、デビットカードとはどういうものなのか、クレジットカードとどう違うのかなど、デビットカードの基礎知識をお届けします。

デビットカードとは?

デビットカードは、実店舗やオンラインショップなどで代金支払いに使用することができる決済用カードです。クレジットカードと同様に銀行口座と紐づけて代金引き落としを行います。

クレジットカードとの大きな違いは、デビットカードは「即時払い」であるということ。売上処理の都合などによって後日引き落としとなるケースも一部ありますが、基本的には、支払いとほぼ同時に引き落としが行われます。

即時払いなので、分割払いやリボ払いなどといった支払方法はありません。当然、口座残高を越えて使用することもできません。まさに「お財布がわり」に使えるカードだと言えるでしょう。

デビットカードの種類

日本では、銀行のキャッシュカードがそのままデビットカードとして使用できる「J-Debit(ジェイデビット)」というサービスが2000年に登場しました。

実は国内のほとんどの銀行のキャッシュカードがJ-Debitに対応しているのですが、デビットカードとして使用したことがある方は少ないのではないでしょうか。J-Debitは加盟店が少ないことや、利用できない時間帯があることなどからあまり普及していないのが現状です。

これに対して、最近一般的になってきたのが「VISA」「MasterCard」「JCB」など国際ブランドの付いたデビットカードです。これらのブランドのクレジットカードは、ほぼどこのお店でも使えることはご存知だと思います。国際ブランド付きのデビットカードは、そうしたすべての加盟店でデビットカードとして使用することができます。使い勝手の良さで普及してきていると言えるでしょう。

デビットカードのメリット

クレジットカードと何が違う? 「デビットカード」の基礎知識

デビットカードのメリットとして、主に以下のようなものが挙げられます。

・使い過ぎの心配がない
先ほどもお伝えしましたが、デビットカードは口座からの即時引き落としなので、口座残高を上回って使用することができません。クレジットカードのように、「うっかり使い過ぎてしまった!」といった心配がありません。

・誰でもほぼ審査なしで利用できる
クレジットカードのように信用取引ではないため、カードを作るための審査がほとんど必要ありません。クレジットカードの審査に通りづらい事情のある方や、未成年の方(中学生を除く15歳以上から利用可能)なども利用しやすくなっています。

・キャッシュバックサービスがある
クレジットカードのポイントサービスに比べて還元率は低いですが、キャッシュバックのサービスがあります。「お財布がわり」に使用しても、現金で買い物するよりお得だと言えます。

以上、デビットカードの基礎知識をお届けしました。
デビットカードに魅力を感じた方は、クレジットカードとの共通点や違いを理解した上で利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP