「コンビニ決済・収納代行」のメリットとデメリット | Cloud Payment 公式ブログ

「コンビニ決済・収納代行」のメリットとデメリット

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

「コンビニ決済」のメリットとデメリット

「コンビニ決済」のメリットとデメリット

「コンビニ決済」とはコンビニエンスストアの代金収納サービスを利用した、クレジットカード決済の次に利用者が多い決済方法です。
購入時にネットショップで発行される番号を使って支払う「前払い決済」と、到着した商品に同封された払込票で支払う「後払い決済」の2種類があるので、購入者の都合に合わせて好きなタイミングで支払いができることも人気の要因となっています。
今回はこのコンビニ決済を導入することによる、ネットショップ運営者と購入者にとってのメリット・デメリットについて確認してみましょう。

コンビニ決済のメリット

コンビニ決済を導入することによるメリットとしては、以下のものが挙げられます。

・誰でも利用ができる
まず「どんな人でも利用出来る」ということが、コンビニ払いの最大のメリットとして挙げられます。
たとえばクレジットカード払いをするためには、クレジットカード会社の審査に通ってクレジットカードを所有していなければなりません。
また、そのような購入者はほとんどいないかとは思いますが、銀行振込も自分が銀行口座を持っていなければ利用することができません。
クレジットカードを持っていない割合が高い若年層をターゲットにしたネットショップを運営している場合は、コンビニ払いはぜひ導入しておきたいところです。

・振込確認の手間がいらない
コンビニ決済サービスでは購入者がコンビニで支払いをすると、メールでお店側に「支払い完了メール」が届く仕組みになっています。
銀行振込の場合、運営者は通帳記入などで振込の確認をしなければいけませんが、それに比べてコンビニ払いは支払い確認~発送までをスムーズに進められる決済方法となっているのです。

・いつでも支払いができる
前払い決済と後払い決済から選べることに加えて、購入者は支払いをする日時も自由に選ぶことが出来ます。
コンビニ決済は、名前の通りコンビニエンスストアで支払いをする決済方法なので、営業中のコンビニに行けばいつでも支払いをすることが出来ます。
近年ではほとんどのコンビニが24時間営業をしているので、実質的に自分の好きなタイミングで支払える決済方法となっているのです。

Cloud Paymentが提供する「コンビニ決済」ではペーパーレスでコンビニ窓口での支払いができますので、より手軽にお支払いできます。

コンビニ決済のデメリット

「コンビニ決済」のメリットとデメリット

続いて、コンビニ決済のデメリットについても見ていきましょう。

・採算が合わない場合がある
2番目に人気となっているとはいえ、コンビニ決済の利用者はクレジットカード決済の利用者に比べると少なくなっています。
そのため運営しているネットショップが小規模である場合は、導入したにも関わらず採算がとれないという事態に陥ってしまう可能性もあり得るのです。
コンビニ決済を導入する場合は、どれくらい利用者がいれば採算が合うようになるのか事前に計算しておくことが大事です。

・料金未回収のリスクがある
後払い決済には、料金を回収出来ないリスクがあるというデメリットがあります。
コンビニ決済サービスを提供している会社の中には、債権を保証してくれるところもありますが、債権保証サービスを利用する場合は手数料がかかります。

コンビニ決済は、全てのネットショップに向いている決済方法というわけではありません。なのでクレジットカード決済口座振替など、他の決済と併用して導入いただくことが多いです。ご自身のネットショップがコンビニ決済に向いているのかどうか、まずはそれを確認することから始めてみましょう。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP