ネットショップの決済方法と利用者の割合について | Cloud Payment 公式ブログ

ネットショップの決済方法と利用者の割合について

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

ネットショップの決済方法と利用者の割合について

ネットショップの決済方法と利用者の割合について

これからネットショップを立ち上げようとしている方は、数ある決済方法の中からどれを導入しようか迷われているところなのではないでしょうか。
今回はネットショップが導入できる代表的な決済方法を、それぞれの特徴と一緒に紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

ネットショップの代表的な決済方法

クレジットカード決済

ネットショップ利用者の実に7割近くが決済方法として選んでいるのが、クレジットカード決済です。
商品購入の際に事前に登録しておいたクレジットカードを提示することで、クレジットカード会社が一旦支払いを肩代わりし、後日カード会員に請求するという仕組みになっています。
ネットショップ側には「代金未回収のリスクが避けられる」というメリットが、購入者には「ネット上で決済を完結できる」「クレジットカードのポイントが溜まる」といったメリットがあります。

コンビニ決済

クレジットカード決済の次に利用者が多い決済方法で、特にコンビニをよく利用する方に選ばれているようです。
コンビニ決済には、購入時にネットショップで発行される番号を使って支払う「前払い決済」と、到着した商品に同封された払込票で支払う「後払い決済」の2種類があります。
前払い決済は男性から、後払い決済は女性からそれぞれ人気を集めています。

代金引換

商品が配達されてきたときに配達員が購入者から料金を回収し、その回収金を運送会社がネットショップの口座に振り込むという方法です。
その際、購入者は振込手数料と代引手数料を負担することになります。

電子マネー(非接触型決済)

電子マネーが普及したことで新たに誕生した決済方法ですが、若い世代を中心に徐々に利用者数が増えています。
電子マネーは大きく、先払い式の「プリペイド型電子マネー」と、後払い式の「ポストペイ型電子マネー」の2種類に分類されます。

銀行振込

ネットショップが指定する銀行口座に前払い、もしくは後払いで料金を振り込む方法です。
銀行によって手数料が大きく変わることがあるので、複数の銀行口座を開設して振込先として用意しておくと良いでしょう。
また銀行振込での入金の確認作業が大変だと感じられる方は、「バーチャル口座」の仕組みを利用すると、入金の確認作業が格段と効率化します。

利用者の割合は?

ネットショップの決済方法と利用者の割合について
最後にネットショップ利用者の決済方法の割合について見ていきましょう。
先ほどクレジットカード決済が利用者の7割近くから選ばれていると説明しましたが、商品の内容を問わず最も割合が多いのが「」で、次いで「コンビニ払い」「代金引換」となっています。
この上位3つで実に全体の9割を占めているので、ネットショップ運営者はこれら3つの決済方法については必ず導入しておかなければなりません。
さらに今回紹介した決済方法を出来るだけ多く導入しておくと、利用者のサイト離脱率をより低くすることが可能となります。Cloud Paymentでは、業種・業態に応じて、様々な決済をご案内しておりますので、詳しく知りたい方は、ネット決済サービスをご覧ください。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP