「継続課金ビジネス」の種類と離脱率を低くする方法 | Cloud Payment 公式ブログ

「継続課金ビジネス」の種類と離脱率を低くする方法

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

「継続課金ビジネス」の種類と離脱率を低くする方法

「継続課金ビジネス」の種類と離脱率を低くする方法

継続課金ビジネスとは、商品やサービスを利用者に定期的に使い続けてもらうことで、売り上げを確実に上げていくためのビジネスモデルのことをいいます。
一度構築をすると、ビジネスを安定した状態で成長・維持させることが出来るため、継続課金ビジネスは理想的なビジネスモデルであるといわれています。
今回は「継続課金ビジネスの種類」と「利用者の離脱率を低くするための方法」について見ていきましょう。

継続課金ビジネスの種類

継続課金ビジネスには、以下のように様々な種類があります。

・プラットフォーム型

「携帯電話の料金」や「インターネットの通信料」など、日常的に利用するサービスを受けるために課金する継続課金ビジネス。

・定期お届け型

「健康食品」や「ウォーターサーバーの水」など、商品を定期的に届けてもらうために継続課金するもの。

・保険型

「生命保険」や「警備会社」など、利用者や建物に何かがあった時にサービスを受けるための継続課金ビジネス。

・特典付き会費型

飲食店などでよく取り入れられている、会費を定期的に払う代わりに何かしらの特典を付ける継続課金ビジネス。

・ロイヤリティ型

サービス提供者が利用者のノウハウやサポートをし、成果が出たところで利益の一部をロイヤリティとして受け取る継続課金ビジネス。
コンビニやファーストフード店といったフランチャイズも、この「ロイヤリティ型」に該当します。

・コミュニティ型

「ミュージシャンのファンクラブ」に代表される、参加者にとって有意義なコミュニティに参加してもらうことによって、継続的に課金をする継続課金ビジネス。

離脱率を低くする方法

「継続課金ビジネス」の種類と離脱率を低くする方法
継続課金ビジネスを成功させて利益を安定させるためには、契約した利用者が出来るだけそのサービスを退会しないような工夫をして、「離脱率」を低くしなければなりません。
離脱率を低くするためには、以下のポイントを抑えておきましょう。

・長期的に利用してもらえるような仕組みやコンテンツ作りをする
・継続的に支払いやすい金額設定をする
・解約をされない「質の高いサービス」を提供し続ける

また課金方法別に見ていくと、銀行引き落としよりもクレジットカード決済のほうが、書面でのやりとりをしなくて済むことと、課金開始までの期間が短いことから離脱率が低くなっています。

クレジットカード決済を活用した継続課金システムがあり、登録時に課金パターンを設定すれば毎月の継続的な自動課金が可能になります。経理の業務改善に一役買う決済手段となりますので、継続課金ビジネスの利用料金はクレジットカード決済の継続課金を活用したほうが良いでしょう。

最後に「継続課金ビジネス」に関する、様々な戦略をまとめたeBook「サブスクリプションビジネスの売上を伸ばす3つの戦略」をご用意しております。興味ある方はこちらから資料ダウンロードいただけます。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP