飲食店がクレジットカード決済を導入すべき理由とは | Cloud Payment 公式ブログ

飲食店がクレジットカード決済を導入すべき理由とは

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

飲食店がクレジットカード決済を導入すべき理由とは

飲食店がクレジットカード決済を導入すべき理由とは

飲食店を経営している方にとって、支払い方法にクレジットカード決済を導入すべきかどうかは悩ましい問題ではないでしょうか。
クレジットカード払いに対応していない場合、お客様から「使えるようにしてほしい」という要望をいただくこともあると思います。しかし、導入のコストなどを考えると慎重にならざるを得ないという方も多いでしょう。
今回は、飲食店がクレジットカード決済を導入すべき理由についてお話しします。

クレジットカード非対応は来店機会損失につながる

クレジットカード保有者を対象に行われたとある調査によれば、1ヵ月に1回以上クレジットカードを利用する人の18%が「事前にクレジットカードが使えるかどうかを確認し、使えない場合に別のお店を選んだことがある」ということがわかりました。
また、「カードが使えると知らずにお店を利用した場合、その後は二度と来店しないか来店回数が減る」と回答した人も3%いました。

クレジットカード決済に対応していないお店は、多くの来店の機会を失っているということがわかります。

飲食店でクレジットカード決済したいのはどんな人?

飲食店がクレジットカード決済を導入すべき理由とは

「一回の支払いがさほど高額にならないことも多い飲食店での支払いについては、現金払いでも問題ないのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
だけど、クレジットカードで支払いたいという人は思いのほか多いのです。
具体的には、以下のような人たちにクレジットカード決済が支持されています。

・常に「クレジットカード払いが基本」の人

「普段、ほとんど現金を持ち歩かない」「現金払いが面倒」などといった理由で基本的にどんな支払いもクレジットカードで済ませたいという人は一定数います。

・ポイントを貯めたい人

クレジットカードの利用ポイントを貯めて節約につなげたいと考える人も少なくありません。

・現金の手持ちがない人

普段は現金支払いをしていても、給料日前などや諸事情で現金の手持ちがなかったり、余裕がなかったりする時にはクレジットカードを使用したいことがあるものです。

・支払いの履歴を管理したい人

クレジットカードの支払い履歴は明細化されるので、いつ、何にいくら使ったのかをデータとして記録しやすいというメリットがあります。このため支払いの履歴を細かく管理する必要のある個人事業主などにクレジットカードが利用できる店を選ぶ傾向が見られます。

・接待などで利用する人

接待や会食など、業務上での飲食店利用についてはコーポレートカードを利用することになっている企業も多く、こうしたケースでもクレジットカード決済対応の店舗が選ばれます。

・外国人観光客

観光で日本を訪れている外国人の方にとっても、わかりづらく面倒な日本通貨での支払いよりも、クレジットカードでの支払いが好まれます。

クレジットカード決済導入は難しい?

実にさまざまなケースで、飲食店でのクレジットカード決済が望まれていることがお分かりいただけたかと思います。実際に、弊社でも飲食店でのクレジットカード決済の導入を希望されるお問い合わせを非常に多く頂いております。

クレジットカード決済を導入することで支払いに時間がかかってしまうのでは? と思われるかもしれませんが、基本的には現金払いとほとんど変わりません。サインレスで決済できるようにするという方法もあります。

導入のための時間やコストがかかることに二の足を踏んでいるのであれば、決済代行会社を利用するのがおすすめです。独自で導入するのは大変ですが、決済代行サービスなら比較的ローコストで、手軽に導入することができますよ。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP