アクワイアラとは?(クレジットカード加盟店契約会社)

アクワイアラとは?(クレジットカード加盟店契約会社)

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

クレジットカード加盟店契約会社(アクワイアラ)の役割とは

クレジットカード加盟店契約会社(アクワイアラ)の役割とは

前回の記事で、クレジットカード業界には「ブランド」「アクワイアラ」「イシュア」という3つの役割を持つ会社があることと、その中でカード発行会社であるイシュアの役割についてお伝えしました。

消費者としてクレジットカードを利用する際に大きく関わって来るのがイシュアであるのに対し、事業者(店舗)としてクレジットカード決済を導入する際に大きく関わってくるのがアクワイアラです。

今回は、アクワイアラの役割や業務などについてご紹介します。


<PR>
気になるセキュリティから決済導入の注意事項まで!他では教えてくれないクレジットカード決済導入のノウハウがつまったE-BOOKを無料配布中!
「はじめての人のためのクレジットカード決済入門」


 

アクワイアラとは

あるクレジットカードを利用できる店舗やサービスのことを、そのクレジットカードの「加盟店」と言います。
アクワイアラは、これら加盟店と契約してサービスを提供する会社のことを言います。

消費者が加盟店でカードを利用して買い物をした後に、イシュアが消費者の口座から代金の引き落としを行います。
イシュアによって引き落とされた代金は、イシュアからアクワイアラへと支払いが行われ、アクワイアラから加盟店へ入金されることになります。

アクワイアラの役割と業務

クレジットカード加盟店契約会社(アクワイアラ)の役割とは

アクワイアラの役割は、加盟店の募集と管理です。

アクワイアラという名称は、英語で「得る、獲得する」などの意味を持つ「acquire」から来ています。
その名の通り、加盟店を新規開拓して増やしていくことがアクワイアラの主な業務の一つです。
開拓した加盟店に対して、クレジットカード決済ができるシステムを導入します。

そうして契約した加盟店から売上データを取得し、入金を行うのもアクワイアラの仕事です。

クレジットカード決済を導入する店舗にとって、アクワイアラが存在していることによって導入や精算がスムーズに行えると言えます。

アクワイアラとイシュアを兼ねる会社も多い

日本でアクワイアラとしての業務を専門に行っている会社としては、UCカードがあります。UCカードは加盟店契約業務を行い、カード発行業務はすべてクレディセゾンが行っています。

こうした例もありますが、日本ではクレジットカード会社がイシュアとアクワイアラを兼ねて、同一の会社で両方の業務を行っているケースがほとんどです。

また、JCBは自身が国際ブランドの一つでありながら、イシュア、アクワイアラの業務も行っています。

他では教えてくれないクレジットカード決済導入のノウハウを無料公開中!

2020年に向けて整備されるキャッシュレス化社会に向け、クレジットカードの利用環境構築が急ピッチで進められています。クレジットカード決済導入の過程では、スケジュールの遅延や不利な条件での契約等の失敗例は枚挙に暇がありません。今後クレジットカード決済の導入をご検討される皆様に向け、累計10,000社以上の導入ノウハウを元にしたE-BOOKを無料で配布いたします。
「はじめての人のためのクレジットカード決済入門」

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP