イシュア(issua)とは? | Cloud Payment 公式ブログ

イシュア(issua)とは?

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

イシュア(クレジットカード発行会社)の役割とは

イシュア(クレジットカード発行会社)の役割とは

普段のショッピングなどではクレジットカードを使わないという人でも、オンラインショッピングなどを利用する際にはクレジットカードを持っていると何かと便利なものです。

だけど、「1枚ぐらい持っておこうかな」と思っても、あまりにもいろいろな会社がいろいろなカードを発行していて何を選べば良いのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか?

クレジットカードについて知っておきたい、カードにまつわる事業者の種類やカード発行会社の役割などについてお伝えします。

ブランド、アクワイアラ、イシュアとは

クレジットカードには「ブランド」「アクワイアラ」「イシュア」という3種類の役割を持つ会社が関わってきます。

このうちブランドとは、「このカードはここで使えるかどうか」を示すもの。
具体的には、VISA、MasterCard、JCB、Diners Club、American Expressの5大国際ブランドなどを指します。
ブランドを保有する会社の役割は、プラットフォームを提供するとともに、ルールの策定などを行うことです。

アクワイアラは、カード加盟店の開拓や管理などといった業務を行う会社です。消費者としてクレジットカードを持つ観点では、アクワイアラとの直接の接点はあまりありません。

イシュアは、実際にカードを発行する会社です。消費者として「どのクレジットカードを作るか」を考える時、最も重要となるのがイシュアだと言えるでしょう。

イシュア(カード発行会社)の役割とは

イシュア(クレジットカード発行会社)の役割とは

イシュアは「カード発行会社」と呼ばれることもあります。
消費者に実際にお金の立て替えを行っているのがイシュアです。

消費者がカードを使用して買い物をした後に、イシュアがその代金を消費者の口座から引き落とすことになります。イシュアが引き落とした代金は、アクワイアラを経由して加盟店に渡されるというのが基本的な流れです。

イシュアの具体的な業務としては、会員の募集、カードの発行、利用代金の引き落とし、利用明細の発行などといったものが挙げられます。

また、クレジットカードには、カードによってさまざまな特典やポイントなどのサービスが付加されています。これらのサービスを提供しているのも基本的にはイシュア(もしくはイシュアが提携している企業や団体)だと言えるでしょう。

以上、クレジットカードにまつわる事業者の種類や役割などについてご紹介しました。これまであまり意識したことがなかったという方は、お手持ちのクレジットカードのブランドとイシュアはどこなのかを改めて確認してみてはいかがでしょうか。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP