口座振替のメリット・デメリットとは? | Cloud Payment 公式ブログ

口座振替のメリット・デメリットとは?

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

口座振替の導入メリットとは

ECサイトなどの集金(決済)手段は多く、昨今ではますます多様になってきています。
クレジットカード決済や、コンビニ決済、代金引換、請求書払いなど、主なところだけでもかなりの種類があることが分かります。
サービス運営者としてはできるだけ多くの決済手段に対応したいところでしょうが、導入コストのことを考えると、やみくもに決済手段を増やせば良いというものでもありません。それぞれの決済手段の特徴や導入するメリットを押さえた上で、導入を検討するのが大切です。
ここでは、口座振替のメリットについてご紹介します。

、お客様にとってのメリット

口座振替の導入メリットとは

口座振替を導入するメリットとして、支払いを行うお客様からの人気が高い決済手段であるという点は大きいと言えるでしょう。口座振替に対応していることが購入や契約の決め手となりうるのです。
具体的に、どのような点がお客様にとってのメリットとなっているのかを見てみましょう。

・支払いのための手間がかからない
請求書による振込などと比べ、支払いのために銀行やコンビニなどへ出向く手間がかかりません。仕事や家事、育児などで忙しい方にも人気です。

・支払い忘れ・間違いなどの心配がない
指定口座から自動で引き落とされるため、毎月の支払い期日を意識しなくても、支払い忘れや遅延などの心配がありません。また、支払先や支払い金額の間違いなどが起こることもありません。

・クレジットカードを使う必要がない
継続課金にはクレジットカード払いも便利ですが、持っていない人やオンラインでの使用に抵抗がある人もいます。そういった人たちにも安心して利用していただくことができます。

口座振替、導入する企業にとってのメリット

口座振替の導入メリットとは

お客様にさまざまなメリットを感じていただけるだけではなく、導入する企業にとっても多くのメリットがあります。

・利用継続率が上がる
お客様が特に意識することなく継続的に支払いが行われ手間がかからないため、解約が減少し利用継続率の向上につながります。

・未払いリスクが少なくなる
期日になるとお客様の口座から自動で料金が引き落とされるため、料金未払いや遅延などのリスクが減少します。

・他の決済手段よりコストが安い
集金代行サービスを利用する際のコストが、銀行振込やクレジットカード決済などと比較して一般的に低コストです。

・請求業務の作業量が減る
多数の請求先がある場合でも、集金日を指定して一括で集金することができるので請求業務にかかっていた作業量や人件費を減らすことができます。

以上、口座振替を導入することによって得られるメリットについてご紹介しました。特に毎月料金が発生するサービスを提供している企業にとっては、口座振替はかなりメリットが大きい決済手段であると言えるでしょう。
Cloud Paymentでも、毎月多くの企業様に口座振替をご提供させていただいております。また口座振替の請求・消込作業を完全に自動化する「口座振替プラス」もご紹介しております。是非この機会に決済手段のひとつとしてご検討してみてはいかがでしょうか。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP