今さら聞けない「振込」と「振替」の違い | Cloud Payment 公式ブログ

今さら聞けない「振込」と「振替」の違い

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

今さら聞けない「振込」と「振替」の違い

今さら聞けない「振込」と「振替」の違い

資金移動の際に用いられる「振込」と「振替」。
よく似た言葉で、どちらも資金移動の手段なのでその違いがよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、振込と振替の違いについてご説明します。

「振込」とは?

振込とは他の銀行の口座や同じ銀行でも別の支店にある口座などへの資金移動のことを言います。

一般的に第三者の口座への送金の手段として用いられる方法ですが、本人名義の口座であったとしても、他行や他支店への口座に送金する場合は振込を行うことになります。
現金または口座から送金することができ、通常はキャッシュカードか通帳が必要になります。
振込には通常、手数料がかかります。

「振替」とは?

一方、振替とは同一銀行同一支店内の口座間での資金移動のことを言います。

基本的には本人名義の別口座への送金(移し替え)の手段として用いられる方法です。たとえば、普通預金口座と貯蓄預金口座間での資金移動などの場合です。

窓口やATMなどで手続きを行うことができ、通常、振替に手数料はかかりません。

」とは?

今さら聞けない「振込」と「振替」の違い

以上のように、振替は「同一銀行同一支店内の本人の口座間で資金を移動させること」であり、振込は「第三者の口座あてに資金を払い込むこと」であると言えます。

ここで、「でも、公共料金やクレジットカードの引き落とし(口座振替)は第三者の口座あてじゃないの?」と疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は「口座振替」は、通常の振替とは異なるサービスです。
これは、預金口座から公共料金(電気、ガス、水道、電気など)やクレジットカードなどの支払いを定期的に自動で引き落とす決済サービスのことを言います。

このサービスに「振替」という言葉を用いるのは、その主体が銀行などサービスを行う金融機関であるからだと考えるとわかりやすいと思います。

サービスを提供している銀行が、契約に基づいて行内の口座から他の口座へ、支払い等のために資金移動を行うものなので「振替」という言葉が用いられています。
一般的に引き落としに手数料がかからないのはこのためです。

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP