【経理のミカタver1.9リリース】通知機能、請求発行機能がさらに便利に! | Cloud Payment 公式ブログ

【経理のミカタver1.9リリース】
通知機能、請求発行機能がさらに便利に!

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

blog_headmikata
経理のミカタが新バージョン1.9を10月4日にリリースしました!
お知らせ、請求書発行機能の拡張を行い、より使いやすさが向上しました。

Ver1.9 リリース内容 (☆は主要な新機能)
☆1. 通知:お知らせやダッシュボード機能の拡張「メールで請求管理」が可能に
☆2. 請求発行:担当者別請求発行機能 の実装
☆3. 請求発行:独自ドメインからの請求書メールの発行が可能に
4. すべての金融機関の口座振替システムとの連携が可能に
5. 請求情報の単価と数量の小数点対応
6. 各種APIの追加・拡張
7. ユーザーインターフェースの改善
8. 細かなバグの修正や利便性の向上

今回もこの中から特に役に立つ、主要な新機能についてご紹介致します!

1. 「メールで請求管理」が可能!

経理のミカタにはお知らせやタスクを通知してくれる機能がありましたが、
これまでは経理のミカタにログインし、ダッシュボードを確認しなければなりませんでした。
今回のバージョンアップによって、担当者へメールでのお知らせが可能です。

ver1.9お知らせ

請求元の担当者はログインせずともメールで請求管理が可能となり、経理のミカタがより活用しやすくなりました。

2. 担当者別の請求・集計が可能!

請求元の担当者毎に https://www.cloudpayment.co.jp/blog/3251/を発行し、集計の際も担当者ごとの絞込みが可能になりました。

ver1.9お知らせ (1)

従来は請求書をエクスポートする際、請求元担当者と請求元部署の項目がなく、担当者毎に集計を行うことができませんでした。
ver1.9では売上の集計を各営業担当者ごとに把握しやすくなるだけでなく、各々が担当する債権の状況を見逃しにくくなるため、未収管理にも役立ちます。

3. 独自ドメインからの請求メールの発行が可能!

これまでは経理のミカタドメインからのみ、請求書を添付したメールを送ることが可能になるため、
請求先が不審に思ってしまい、請求書を開いてもらえないというお声を多数いただいておりました。
ver1.9独自ドメイン

そこで、今回のバージョンアップでは、自社ドメインから請求書の送付が実現しました。
これで請求先に違和感を与えることなく請求を行うことができます。

自社ドメインでの請求メール送付をご希望の方はサポートデスクにお問い合わせください。

まとめ

経理のミカタはクラウド型の請求・課金の領域で圧倒的な機能数を誇るサービスを目指しております。
今後も多くの企業に活用いただけるシステムとして、更なる価値提供を続けて参ります。
集金や請求業務についてお困りの事は、経理のミカタが何でも解決致します。どんなご相談でもお気軽にお問い合わせ下さい。
———————————————————–
その他経理のミカタの詳細な使い方につきましては、ヘルプセンターをご覧ください。
https://keirinomikata.zendesk.com/hc/ja

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP