今がチャンス!?~経営状況を改善する売掛金管理の仕組みづくり~ | Cloud Payment 公式ブログ

今がチャンス!?~経営状況を改善する売掛金管理の仕組みづくり~

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

経理のミカタ会社経営の観点からすると、もっとも社員のリソースを割きたい経理業務の一つに、売掛金管理があります。売掛金とは商品を売り上げた際に、代金が未回収の金額のことで、一般的に「ツケ」と呼ばれるものです。
しかし、入金日が月末などに集中することもあり、売掛金管理に十分な数の人員が配分されていないのが現実です。

期間限定!?売掛金管理を見直すタイミングとは?

月々の請求件数が、50件、100件を超えてくると、属人的な売掛金の管理は限界になってきます。そこで、請求管理のやり方を見直す必要が生じてきます。

特に、回収漏れは会社のキャッシュフローや取引先との信頼関係にも影響するため、先手先手の対応が常に求められます。
限られた人数の中でスケジュールを管理して、スピーディーに回収を行っていくことには限界があります。件数が増える前にシステム化を検討すべきでしょう。

売掛金管理を徹底するための仕組みづくり

では、売掛金管理を万全にするためにはどんな方法が考えられるでしょうか?
やはりシステム化できる部分はなるべく省力化して、会社のパワーを問題点に集中させるような仕組みづくりが重要です。
売掛金管理に関して言うと、まずは人間の判断がいらない入金処理についてシステム化します。入金消込や会計仕訳は、システムで自動化することが可能です。
そして空いたリソースを、得意先との確認作業や入金漏れのチェックにあてます。

売掛金管理の目的は、入金を正しく記録するだけではなく、素早く入金を確認して、回収漏れを無くすことにあるのです。
そして、こうした社内の仕組みづくりを進めることで、経理業務もかなりスピードアップすることは間違いありません。
最後に、社内における売掛金管理の仕組みづくりを手伝うクラウドサービスをご紹介したいと思います。

継続請求管理クラウド「経理のミカタ

請求から集金、消込、催促までの一連の請求管理業務を、継続的に自動で行うクラウドサービスです。
未収金が発生すると、取引先への催促や自社担当者への通知を自動で行うほか、売上、未収状況も一目で確認することができるため、売掛金管理の煩雑さを解消し、作業のスピードアップに貢献します。
こうした、売掛金管理の見える化、請求業務を自動化するクラウドサービスを積極的に取り入れて社内の仕組みづくりを推進できるかどうかが、企業が成長していく上で大事な点となることでしょう。
mikata
いかがでしたか?売掛金管理の目的は、入金を正しく記録することにあるのではありません。素早く入金を確認して、回収漏れを解消することにあるのです。
御社でもクラウドでの売掛金管理について検討してみてはいかがでしょうか?

マーケティング
タバタ

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP