業務効率化したい経営者必見!~経理のミカタで本業に集中~ | Cloud Payment 公式ブログ

業務効率化したい経営者必見!~経理のミカタで本業に集中~

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

Fotolia_83070017_XS
業務効率化ってどんな企業にとっても大事な関心事ですよね?
なかなか手をつけられずにいる企業がいる一方で、
うまく業務効率化できている企業の中では、単純だけど重要かつミスが起こりやすい作業はコストの低いクラウドサービスにまかせ、社内の人員は生産性の高い仕事に集中するという動きが当たり前になってきています。

今回の記事では、請求管理に関わる業務効率化を支援するクラウド「」をご紹介しつつ、ライバル企業に差をつけるIT活用成功のヒントをお伝えします。

1.継続請求管理クラウド「経理のミカタ」とは?

mikata
経理のミカタは、請求書の作成から送付、取引先からの集金、入金情報と請求情報の突合せる消し込み作業、未集金の催促まで完全自動で行い、業務効率化のお手伝いを致します。

集計された請求金額や未集金額をリアルタイムで確認できるため経営判断を迅速に行うことが可能になります。
また、承認機能などのワークフローを柔軟に設定できるため、企業規模が拡大してきた場合でも安心して活用できるサービスです。

【経理のミカタURL】
https://www.cloudpayment.co.jp/service/mikata/

2.簡単に業務効率化をはじめられます!

使い方はとても簡単、一度情報登録さえ行ってしまえば後は繰り返し自動請求を行うため、定期的に請求を行う事業者にも適したサービスです。

しかも経理のミカタへの直接入力のほか、販売管理システムからのAPI連携、CSVファイルでの一括インポートなど自社にあった簡単な入力方法があり、さらに会計システムともデータ連携しているため、経理のミカタからの仕訳データを直接会計ソフトに取り込むことができます。

こうした完全クラウド化によって、実際手を動かすことなく、販売から会計まで一気貫間で業務効率化を実現することができます。

3.多様な業種の企業が業務効率化に成功しています!

業種

WEBサービス

経理のミカタによって請求管理が効率化され、空いたリソースを活かして新しい取り組みができました。 これまでは請求や未集金の管理が複雑になるため、試すことができなかった3ヶ月限定のお試しプランや、特別プランも実施できるようになり、売上のアップにつながりました。

塾・スクール

個人経営の学習塾やスクールといったオフラインやBtoCの領域の事業でも毎月の月謝管理・回収の自動化ソリューションとして、経理のミカタを活用していただいております。
業務効率化によって、限られた時間を授業のクオリティアップや顧客サービスに費やすことができるようになりました。

webメディア

一度顧客情報を登録さえすれば、その後は掲載料を自動で繰り返し請求してくれます。 請求スケジュールや、請求期間も設定できるので掲載期間が過ぎれば自動で請求をストップします。

その他、営業・マーケティング支援やMVNO事業を展開されているお客様など、業種や規模にとらわれない、幅広い事業者様にご利用いただいております。

【経理のミカタお客様導入事例URL】
https://www.cloudpayment.co.jp/service/mikata/customer/

便利で安全な請求管理クラウドを活用して、自社の労働生産性を高めよう!

いかがでしたか?
会社にとって重要だけどミスが起こりやすい単純な業務はクラウドに任せて、生産性の高い仕事は社員にやらせようというイメージが少しでもわいてきたなら、クラウドによる業務効率化を検討されてはいかがでしょうか?
是非経理のミカタで請求管理の業務効率化を進め、会社に利益をもたらす業務にシフトしましょう!

マーケティング
タバタ

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP