業者に頼んででも、記帳をやるべき必要性 | Cloud Payment 公式ブログ

業者に頼んででも、記帳をやるべき必要性

[記事更新日]

Share on Facebook
Pocket

1503-06_466807166

税務のために記帳は必要ですが、会社の利益を管理するうえでも記帳はとても重要な作業です。「忙しくて記帳まで手がまわらない」という場合には業者に頼んででも対応すべきです。記帳が必要な理由とは何でしょうか? また、記帳代行をどこに頼むとよいのかもあわせて見ていきましょう。

なぜ、記帳は必要なのか?

記帳代行は決算申告の基礎となる帳簿作成として必要な作業です。目の前の売上を上げる業務に集中したいのであれば、売上に直接結びつかない記帳や自分でできない帳簿付け、雇用しても指導することができない経理業務などは、記帳代行業者に依頼してしまったほうが逆に効率的かもしれません。

資金繰りの確認のため、将来の事業の検討のためなど、実態数値の把握は会社運営の基礎として必要なことです。日々のタイムリーな記帳は、どんな会社にも必要なことです。

記帳代行業者に頼むメリット

記帳を自社内でできないのであれば、外部委託を検討してみましょう。一般的には、自社内に経理担当を置くより、記帳代行業者に委託したほうが経費節減になる場合に、導入する会社が多いようです。

そもそも記帳代行の業務自体は薄利のため、外部への委託費用が高いということはありません。委託先と契約を締結したら、指示された必要書類を業者へ送付するか、または取りに来てもらえば、あとは依頼した内容の帳簿が完成していくので、手を煩わせることもないでしょう。

担当者との意思の疎通が難しかったり、相性が悪ければ担当を変えてもらえる点も合理的です。ただし、記帳代行業者が申告決算を請け負うことは法律で禁止されています。もし、申告決算までを依頼したいのであれば、税理士事務所と連携しているかどうかも事前にチェックしておくとよいでしょう。

税理士に依頼するメリット

税理士事務所でも、記帳代行を別料金で請け負っているところはあります。ただ、自計化推進とうたっている事務所では社内で記帳作業ができるように指導されます。それは会社にとって長い目でみればメリットがありますが、現段階では記帳代行もお願いしたいと考えている場合には、記帳代行を請けてくれる税理士事務所を選ぶべきでしょう。

税理士に依頼するメリットは、記帳代行から決算申告や税務調査の代理、年末調整や経営相談など付随する業務を一括してひとつの事務所に依頼することができる点です。前述のとおり、記帳代行業者だけでは税務は完結できないので、なるべく委託先を絞りたい場合には税理士にすべておまかせするのもよいでしょう。

まとめ

記帳代行業は、実は税理士が会社を作って経営監督しているケースが多いものです。経理専門の派遣スタッフのように、週に何回か記帳と請求書作成や書類ファイリングなどを業務として請け負っている会社もありますので、依頼を検討している業務についてサービス内容と費用をよく確認して、自社が求めるものと合致する業者を選択しましょう。

ブログ一覧

ebookダウンロード
ebookダウンロード
PAGE TOP